FC2ブログ

狛犬三点

20180106

3日に、上野の「博物館に初詣 犬と楽しむ新年」を見に行ったが、犬が登場する美術品、文化財を特集していて楽しかったが、その中に三組の狛犬も出展されていた。

【①板彫狛犬】
180106koma01.jpg


180106koma02.jpg


年代:鎌倉時代
材質:木製
型式:神殿型

180106koma03.jpg


180106koma04.jpg


180106koma05.jpg


180106koma06.jpg


特徴:
・片方だけであり、吽形で、たてがみから狛犬。
・耳を立て、目も鋭い感じで、たてがみもふさふさとしていて勢いがある。
・頭部も身体も丸々としている。
・前足はやや前に伸ばし直立。
・後足は蹲踞。
・前足の付け根と、後足の脛に羽根状の毛の表現。

【②獅子・狛犬】
180106koma07.jpg


180106koma08.jpg


180106koma09.jpg


年代:南北朝~室町時代
材質:木製
型式:神殿型

右が阿形獅子。顔の鼻から上顎の部分が欠落している。
180106koma10.jpg


180106koma11.jpg


左が吽形狛犬。頭に角が付けられていたと思われる穴がある。
180106koma12.jpg


180106koma13.jpg


特徴:
・右が顔の横に巻き毛を表す突起あり、獅子。
・左が吽形で、たてがみから狛犬。頭に角が付けられていたと思われる穴がある。
・阿形は顔の鼻から上顎の部分が欠落している。
・耳は垂れ、目は奥に、鼻と口が前に出ていて、獰猛な感じ。
・胴が長く、姿勢に躍動感がある。
・前足は直立。後足は蹲踞。
・前足には大きな翼状の毛が踊り、躍動感がある。

吽形頭部
180106koma14.jpg


180106koma15.jpg


身体
180106koma16.jpg


【③吽形狛犬】
180106koma17.jpg


180106koma18.jpg


年代:江戸時代
材質:木製
型式:神殿型

説明では「獅子」となっているが、たてがみから明らかに吽形狛犬である。
阿形獅子・吽形狛犬の片方ではないかと思う。
180106koma19.jpg


180106koma20.jpg


特徴:
・吽形で、たてがみから狛犬。
・耳を横に開き、目を見張り、歯を噛みしめて、獰猛な表情を表しているが、全て丸っこくてユーモラス感も出ている。
・胴が短く、子犬の感じがする。
・前足は前に投げだし、後足はお座りをしている。
・身体には毛の表現が少なく、胴に少し筋が入っているのみ。
・尾は立ち、植物の葉のように三つに分かれて広がっている。

頭部
180106koma21.jpg


180106koma22.jpg


身体
180106koma23.jpg


尾は立ち、植物の葉のように三つに分かれて広がっている。
180106koma24.jpg


180106koma25.jpg




狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

あれ、本館1階の仏像が並んでいる所の「広島県・吉備津神社」の「獅子」と「狛犬」はご覧になられなかったのでしょうか。それとも、写真禁止と言うことで、ブログには書かれないと言うことでしょうか。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
以前matsumoさんが教えて下さったものですよね。
いやあ、当日ド忘れしまして、確認が漏れました。
近日中に再度行ってきます。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop