相模国・高部屋神社の狛犬

20180111

所在地:神奈川県伊勢原市下糟屋2202 高部屋神社本殿前
撮影日:2017年12月1日

歴史クラブの「関八州式内社めぐり」相模国の三回目で、高部屋神社に参拝した際に会いました。

相模国・延喜式内社高部屋神社については、既に記事があります。

その記事を見る


五間社流造という格式の高い構造の本殿の前に、黄檗宗の僧行按・行白が寄進した狛犬が居ます。
180111takabe01.jpg


年代:享保12年(1727)
材質:石造
型式:宝珠・角型(はじめ型)

右は阿形獅子。頭に角がある。
180111takabe02.jpg


180111takabe03.jpg


180111takabe04.jpg


180111takabe05.jpg


180111takabe06.jpg


左は吽形獅子。頭に宝珠を載せている。
180111takabe07.jpg


180111takabe08.jpg


180111takabe09.jpg


180111takabe10.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみに巻き毛があり獅子。頭に角がある。
・左側は吽形、たてがみに巻き毛があり獅子。頭に宝珠を載せている。
・身体に比べて頭部が大きい。
・伏せ耳、目は鋭く、威嚇的。
・眉と顎鬚は、阿形は流れて先端にわずかに巻き毛。吽形はとんど巻き毛。
・口は牙が目立ち、歯もかなりむき出しで、威嚇的な顔。
・前足は直立。後足は蹲踞。
・足の表現はシンプル。付け根に羽根のような巻き毛があるのみ。
・尾は、背中に沿って植物の葉のように分かれて伸びている。
・阿形の尾は、六つに分かれて葉が流れ。中央の葉のみが先端が巻いている。
・吽形の尾は、元からぜんまいのように三つの尾が巻いて、そこから上にもう一つの葉が流れている。

身体の部分
180111takabe11.jpg


180111takabe12.jpg


尾は、背中に沿って植物の葉のように分かれているが、阿形と吽形で形が違う。
180111takabe13.jpg


阿形の尾は、六つに分かれて葉が流れ。中央の葉のみが先端が巻いている。
180111takabe14.jpg


吽形の尾は、元からぜんまいのように三つの尾が巻いて、そこから上にもう一つの葉が流れている。
180111takabe15.jpg


年代は、享保12年(1727)。
180111takabe16.jpg



今のところ、私の確認した範囲のなかでは宝珠・角型としては最古のもの。
まだ「はじめ型」の時代に、宝珠と角が登場している。
阿形に角があり、吽形が宝珠を載せるという、通常とは反対のかたちとなっている。
シンプルな造形のなかで、顔だけが大きく立派になっている。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この狛犬は横から見るより、斜め前から見た方が良い感じですね。また、顔が鬼に似ている感じがしますね。

また、台石に彫られた文字、どうやら、「按行主願」のようですが、右からではなく、左からのようですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
この狛犬は、黄檗宗の僧行按・行白が寄進したものなので、
右のは、右から「願主行按」と書かれています
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop