武蔵野吉祥七福神めぐり

20180114

今年も、歴史クラブ行事で5日に回りました。
今年は「武蔵野吉祥七福神めぐり」です。
180114kichijou01.jpg


JR武蔵境の駅を降りて、5分ほど歩いて杵築大社に到着。

【杵築大社】 恵比寿神
鎮座地:東京都武蔵野市境南町2-10-11
180114kichijou02.jpg


慶安年間(1648 - 1651年)、結城秀康の三男で徳川家光の従兄弟に当たる松江藩初代藩主松平直政が当所12町四方を将軍家より賜り、御用屋敷を設けて鷹狩場とした。直政がその御用屋敷内に出雲の杵築大社(現在の出雲大社)と稲荷社を勧請したのが当社の始まりである。貞享年間(1684 - 1687年)に松江藩御用屋敷は幕府の直轄地となったが、神社は残され、当地・境本村の氏神とされた。
明治6年(1873年)12月、堺村の鎮守として村社に列格した。昭和21年(1946年)11月、出雲の美保神社より事代主大神を勧請し、「えびす・だいこく」の二福神を祀る神社となった。

参道の中ほどに、大正12年(1923)奉納の狛犬が居る。
180114kichijou03.jpg


180114kichijou04.jpg


180114kichijou05.jpg


180114kichijou06.jpg


手水舎
180114kichijou07.jpg


拝殿
180114kichijou08.jpg


ご祭神は、大國主大神(だいこく)と事代主大神(えびす)。

七福神詣では、えびす大国殿の「えびす様・だいこく様」のうち、えびす様。
180114kichijou09.jpg


180114kichijou10.jpg


神楽殿
180114kichijou11.jpg


ご神木「千本いちょう」
180114kichijou12.jpg


ここには富士塚があります。
180114kichijou13.jpg


綺麗に整備された富士塚。
180114kichijou14.jpg


山頂の社殿
「富士仙元大菩薩」が祀られている。
180114kichijou15.jpg


180114kichijou16.jpg


ここから「七福神めぐりバス」という特別バスに乗って、「延命寺」に向かった。

【延命寺】 毘沙門天・寿老人
所在地:東京都武蔵野市八幡町1-1-2
180114kichijou17.jpg


真言宗智山派寺院の延命寺は、八幡山と号します。延命寺は、関前村と呼ばれていた当地周辺が開村した寛文12年(1672)頃に、八幡神社と共に創建したものと推定されるといいます。多摩八十八ヶ所霊場2番、関東九十一薬師9番札所、また武蔵野吉祥七福神の毘沙門天・寿老人となっています。延命寺所蔵の護摩炉は、武蔵野市有形文化財に指定されています。

本堂
180114kichijou18.jpg


寿老人
180114kichijou19.jpg


毘沙門天
180114kichijou20.jpg


境内に石仏が並んでいたが、その中に4基の青面金剛庚申塔があった
元禄9年(1696)と元文4年(1739)の年号のもの二基ずつだった。
そのうち二基がどうみても新しいものだったので、帰ってから調べると、二基の新しいものは古いものの再建塔(造立昭和55年)だった。
180114kichijou21.jpg


この庚申塔の詳細については、別に庚申塔の記事をシリーズで載せているので、その中で記事にします。

ここからまた、「七福神めぐりバス」に乗って、「大法寺」に向かいました。

【大法寺】 福禄寿
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺東町2-9-13
180114kichijou22.jpg


臨済宗妙心寺派寺院の大法寺は、金谷山と号します。大法寺は、仁波和尚(寛文9年1669年寂)が開山となり、寛永10年(1633)麻布桜田町に創建したといいます。武蔵野吉祥七福神の福禄寿となっています。

福禄寿
180114kichijou23.jpg


吉祥観音堂
180114kichijou24.jpg


180114kichijou25.jpg


釈迦苦行像
180114kichijou26.jpg


ここからは、全て徒歩で移動。

【武蔵野八幡宮】 大国様
鎮座地:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-23
180114kichijou27.jpg


180114kichijou28.jpg


参道の中ほどに、明治12年(1879)奉納の狛犬が。
180114kichijou29.jpg


180114kichijou30.jpg


180114kichijou31.jpg


180114kichijou32.jpg


拝殿
180114kichijou33.jpg


180114kichijou34.jpg


大国様が祀られている境内社
180114kichijou35.jpg


驚いたことに、ここには7つの神社が合祀されていた。
180114kichijou36.jpg


180114kichijou37.jpg


扉の彫刻が見事だった。
180114kichijou38.jpg


180114kichijou39.jpg


社殿内部
180114kichijou40.jpg


大黒様
180114kichijou41.jpg


【安養寺】 布袋尊
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-21
180114kichijou42.jpg


真言宗豊山派寺院の安養寺は、岸養山吉祥院と号します。安養寺は、賢乗(寛文8年1668年寂)が開山となり創建したといいます。多摩八十八ヶ所霊場1番、武蔵野吉祥七福神の布袋尊となっています。安養寺の甲辛供養塔、梵鐘は武蔵野市有形文化財に指定されています。

本堂
180114kichijou43.jpg


布袋尊
180114kichijou44.jpg


山門前に石仏がならんでおり、その中に庚申塔一基があった。
180114kichijou45.jpg


「庚辛供養塔」となっていた。
180114kichijou46.jpg


180114kichijou47.jpg


ここから吉祥寺駅に出て、自由行動とし、仲間グループに分散して昼食。
私は「かに塩ラーメン」を食べた。美味しかった。

集合して、井の頭池に出て、最後の目的地「井の頭弁才天」にお参り。

曇り空のため、井の頭池も憂鬱そうだ。
180114kichijou48.jpg


雪吊りと藁づと。
180114kichijou49.jpg


【井の頭弁財天】 弁財天
所在地:東京都三鷹市井の頭4-26-1
180114kichijou50.jpg


源氏の祖である源経基が、伝教大師の作である弁財天女像をこの地に安置したのが始まりで、その後、源頼朝がお堂を建立したと伝えられています。
当時の武将が戦勝祈願に訪れたことなどから、「勝ち運の銭洗い弁天」としても信仰されています。

その後鎌倉時代に一度は焼失してしまいますが、江戸時代になり、この地を鷹狩り場として使っていた三代将軍徳川家光が、弁財天の宮社を再建しました。
井の頭と言う地名も、この池の水が江戸の飲料水の源(上水の頭)であることから、家光が訪れた際に「井の頭」と命名されたそうです。
その後大正12年には堂舎が関東大震災で被害を受け、現在の堂舎は昭和初期に再建されたもの。

拝殿前に、明和8年(1771)奉納の狛犬が居た。
180114kichijou51.jpg


180114kichijou52.jpg


180114kichijou53.jpg


180114kichijou54.jpg


180114kichijou55.jpg


180114kichijou56.jpg


ここの弁財天像は秘仏のため、拝むことはかないません。
180114kichijou57.jpg


ここには、昔から「宇賀神(うがじん)」像があったのですが、以前は分かりにくいところにあった。
平成25年に、社殿の横に移設されていた。
180114kichijou58.jpg


180114kichijou59.jpg


宇賀神(うがじん、うかのかみ)は、日本で中世以降信仰された神である。
神名の「宇賀」は、日本神話に登場する宇迦之御魂神(うかのみたま)に由来するものと一般的には考えられている(仏教語で「財施」を意味する「宇迦耶(うがや)」に由来するという説もある)。
その姿は、人頭蛇身で蜷局(とぐろ)を巻く形で表され、頭部も老翁や女性であったりと諸説あり一様ではない。
元々は宇迦之御魂神などと同様に、穀霊神・福徳神として民間で信仰されていた神ではないかと推測されているが、両者には名前以外の共通性は乏しく、その出自は不明である。また、蛇神・龍神の化身とされることもあった。
この蛇神は比叡山・延暦寺(天台宗)の教学に取り入れられ、仏教の神(天)である弁才天と習合あるいは合体したとされ、この合一神は、宇賀弁才天とも呼ばれる。
竹生島宝厳寺に坐する弁天像のように、宇賀神はしばしば弁才天の頭頂部に小さく乗る。その際、鳥居が添えられることも多い。
出自が不明で、経典では穀霊神としての性格が見られないことなどから、宇賀神は、弁才天との神仏習合の中で造作され案出された神、との説もある。
鎌倉市の宇賀福神社では、宇賀神をそのまま神道の神として祀っている。

井の頭池も、この季節では寒々しいですね。
180114kichijou60.jpg


七福神めぐり色紙
180114kichijou61.jpg


(了)


お気に入りの場所一覧に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おっ、正月に七福神巡りをされたのですね。武蔵野七福神は行ったことがあるので、それと同じだと思って読ませていただきましたが、アレッと思ったら、武蔵野七福神ではなくて、武蔵野吉祥七福神なのですね。ここは正月7日間は七福神循環バスが出ているようですね。

そう言えば、井の頭池はかいぼりが行われているようですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
中央線の「武蔵境」「三鷹」「吉祥寺」の駅を
利用して中央線で移動してもいいのですが、
「七福神循環バス」は便利でした。
井の頭池では「かいぼり」の看板が出てたのを
チラッと見ましたね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop