FC2ブログ

青面金剛庚申塔/文京区・光源寺

20180125

所在地:東京都文京区向丘2-38-22  光源寺境内
撮影日:2017年4月26日

今回の庚申塔は「駒込大観音」で知られる光源寺の境内にある。
180125kougen01.jpg


庚申塔の説明(文京区教育委員会)
180125kougen02.jpg


180125kougen03.jpg


180125kougen04.jpg


180125kougen05.jpg


180125kougen06.jpg



塔身:笠付き角柱型
主尊:一面六臂青面金剛
日月:浮き彫り、瑞雲付き
主尊の特徴:一面六臂、髪火焔、三眼
本手:剣とショケラ
他の手が持つ法具:法輪、弓、矢、三叉矛
脇侍:左向一邪鬼、二鶏、三猿
造立年代:明和9年(1772)
総高:250cm

日月は浮彫り、瑞雲付き
180125kougen07.jpg


髪は火焔、頭上に大きさから髑髏だったと思えるものがある。
誰かが不吉と思って削ってしまったか。
三眼で、怒り顔である。
180125kougen08.jpg


本手は剣とショケラ
180125kougen09.jpg


ショケラは、髪を掴まれた半裸の女人であることはわかる。
180125kougen10.jpg


他の手が持つ法具は、法輪、弓、矢、三叉矛
180125kougen11.jpg


踏まれている邪鬼は、頬杖をついていて、青面金剛がまったく重くないようだ(笑)
180125kougen12.jpg


青面金剛の足元左右に鶏が二羽。右が雌鶏、左が雄鶏。
180125kougen13.jpg


三猿は、身体にリアリティあり、姿勢に動きがあって秀逸。
真ん中が「見ざる」、股間がアブナイ。右が「聞かざる」。左が、おどけた感じの「言わざる」
180125kougen14.jpg


青面金剛の姿もいいし、邪鬼や三猿も面白い。
風化や欠損もほとんど無くて、秀逸な庚申塔である。



「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おお、ここは桜の季節やツツジ、菊の季節等で、年に何回か行くお寺です。写真を見せ亭いただき、そう言えば、ここにも庚申塔があったことを思い出しました。と言うのは、私が行くのは本堂に向かって左の方から駒込観音大観音までで、右の方はほとんど行かないからです。

このお寺がある通り、桜の木があるお寺が続いているので、桜の季節になったら行こうと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
ここは、最初行ったときに気が付かなくて、
二度目に寄ったときに発見しました。
matsumoさんの言われるように、本当に
良い桜が多い通りですよね。
毎年matsumoさんの記事を楽しみにしています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop