FC2ブログ

青面金剛庚申塔/文京区・天祖神社②

20180216

所在地:東京都文京区本駒込3丁目40−1 天祖神社境内
撮影日:2017年11月20日

天祖神社については、既に記事があります。

その記事を見る


天祖神社の東入り口鳥居の右に庚申塔が7基置かれています。
180216tenso01.jpg


庚申塔7基のうち、文字塔2基を除いて5基が対象となり、今回は②を取り上げます。
180216tenso02.jpg


全体像
180216tenso03.jpg


180216tenso04.jpg



塔身:舟形光背
主尊:一面六臂青面金剛
日月:浮彫 瑞雲付き
主尊の特徴:一面六臂、頭に蛇
本手:合掌
他の手が持つ法具:法輪、弓、矢、鉾
脇侍:一邪鬼、二鶏、三猿
造立年代:右肩欠損のため造立年不明
総高:90cm

右側が欠損しているため、年号などが欠落している。
180216tenso05.jpg


日月は浮彫、瑞雲は炎のように立ち上がっている。
180216tenso06.jpg


頭部に蛇、顔の損傷は激しいが柔和な表情だということはわかる。
180216tenso07.jpg


180216tenso08.jpg


本手は合掌。
他の手で、右上の手の法具の損傷が激しいが法輪と推測。弓と矢はわかる。
左上は、三叉矛でなく、幡がついた鉾。
180216tenso09.jpg


邪鬼の顔は欠落。青面金剛に踏んづけられぺしゃんこになっている(笑)
180216tenso10.jpg


青面金剛の足元両側に鶏。
右側は欠落していて、くちばしからの顔半分と、足先だけ残っている。
180216tenso11.jpg


三猿は、右から「言わざる、聞かざる、見ざる」。
表情はわからない。
180216tenso12.jpg


(了)


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この邪鬼はまるで、踏みつけられた蛙みたく見えますね。ううん、作者は自分の幼い頃にやったことを思い出したのでしょうか。

それにしてに、これだけ残っていると言うことはやはり、彫りが深いのだと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
庚申塔をずっと追いかけていると、
邪鬼の様子や表情の違いも楽しみに
なってきます。
こういう面白いものを見つけると
嬉しいですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop