FC2ブログ

三猿庚申塔/文京区・天祖神社③

20180227

所在地:東京都文京区本駒込3丁目40−1 天祖神社境内
撮影日:2017年11月20日

天祖神社については、既に記事があります。

その記事を見る


天祖神社の東入り口鳥居の右に庚申塔が7基置かれています。
180227tenso01.jpg


庚申塔7基のうち、文字塔2基を除いて5基が対象となり、今回は③を取り上げます。
180227tenso02.jpg


塔身:板碑形
主尊:三猿
日月:なし
造立年代:寛文8年(1668)
高さ:130cm

全景
高さ130cmと、ここの庚申塔群の中で一番大きい。
180227tenso03.jpg


180227tenso04.jpg


板碑型で、上頂部を三角に加工し、二段の唐破風様の装飾になっている。
日月の彫刻は無い。
180227tenso05.jpg


銘文:
中央に「爲奉待庚申二世安楽」
右横には「寛文八戊申天十一月朔日」
左には「武州豊嶋郡駒込村」
180227tenso06.jpg


主尊の三猿
右から「見ざる」、「聞かざる」、「言わざる」
顔は磨滅して、表情はわからない。
180227tenso07.jpg


180227tenso08.jpg



「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

これは3匹の猿がいるのでまだ、良いですが、やはり、文字だけのものより、像があった方が良いですよね。

さて、既に行かれているかもしれませんが、東京国立近代美術館の隣の「国立公文書館」で、「大田道灌と江戸」展が3/10(土)まで開かれています(祝日・日曜日は休館)。展示品の中には「長禄年中江戸図」と言う道灌が江戸城を築いた頃の江戸の様子を描いたとされる絵図があるそうです。ただし、これは1806年に作成された写しだそうです。この図だと、江戸城は溜池と神田川の間にあったのだそうです。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
「大田道灌と江戸」展の情報、ありがとうございました。
最近、ちょっと国立公文書館に行かなくなっていて、
見過ごしていました。
良さそうなので、近々行こうと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop