FC2ブログ

神田明神・小舟町八雲神社の狛犬

20180516

所在地:千代田区外神田2-16-2 神田明神境内 小舟町八雲神社
撮影日:2015年4月30日

神田明神については、既に記事があります。

その記事を見る


その境内に、小舟町八雲神社があり、その前に今回の狛犬が居ます。
180516kanda01.jpg


年代:文化6年(1809)
材質:石造
型式:江戸流れ尾型

右側は阿形獅子
180516kanda02.jpg


180516kanda03.jpg


180516kanda04.jpg


180516kanda05.jpg


180516kanda06.jpg


左側は吽形獅子
180516kanda07.jpg


180516kanda08.jpg


180516kanda09.jpg


180516kanda10.jpg


180516kanda11.jpg


特徴:
・右は口を開き阿形、たてがみに巻き毛あり獅子。
・左は吽形、たてがみに巻き毛あり獅子。
・たてがみが非常に美しく長く流れている。巻き毛も彫りが深くて美しく顔の横にあり。
・耳は伏せ、眉がものすごく、目が目立たないほど。
・牙と歯は目立たないが、ちゃんと主張はしている。
・横長の表情は落ち着いた感じで威厳がある。
・前足は直立。後足は蹲踞。
・脚の爪もしっかり強調され、足や胴体の細かな地肌も表現されている。
・尾は左右に均等に分かれて、横に長く美しく流れ、巻き毛ししつかりと綺麗に表現されている。


前足は直立。後足は蹲踞。
脚の爪もしっかり強調され、足や胴体の細かな地肌も表現されている。
180516kanda12.jpg


180516kanda13.jpg


尾は左右に均等に分かれて、横に長く美しく流れ、巻き毛ししつかりと綺麗に表現されている。
180516kanda14.jpg


180516kanda15.jpg


年代は、文化6年(1809)
昭和7年に再建
180516kanda16.jpg



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

神田明神は時々、行きますが、大抵は裏参道の階段を登って、社殿の後ろ側より、東側を進んで、社殿の前の獅子岩の所に行くと言う経路を通るので、あれ、そんな末社があるのかと思って、神田明神のホームページを調べてみたところ、社殿の西側にある末社なのですね。

ここは年に何回か行くので(今年は陰祭りが)、その内、この末社に寄ってみたいと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
神田明神は大したもので、沢山の末社が
ありますね。
私は、最初はよく把握できなくて、後日
末社だけを確認のため参拝したことが
ありました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop