FC2ブログ

常陸国歴史探訪/総社宮

20180523

5月9日に歴史クラブの定例見学会で行きました。
まず、「常陸国府跡」、「ふるさと歴史館」を見た後、総社宮に参拝しました。

ここに掲載している写真は、下見の際に撮った写真も使用しているので、天気が良かったり悪かったりしていますが、ご容赦のほどを。

入り口
180523soujya01.jpg


参道
180523soujya02.jpg


直角に左に折れると、参道の向こうに茅葺の随神門が見える。
180523soujya03.jpg


総社宮について
180523soujya04.jpg


180523soujya05.jpg


随神門
180523soujya06.jpg


柵がありガラス面まで近寄れないため、ガラスが光って、随神が見えない。
180523soujya07.jpg


傍のパネルに写真があったので、それを撮った。
180523soujya08.jpg


180523soujya09.jpg


随神門から入った境内。
180523soujya10.jpg


拝殿の前に、大正三年(1914)奉納の狛犬があり。
180523soujya11.jpg


180523soujya12.jpg


180523soujya13.jpg


180523soujya14.jpg


180523soujya15.jpg


180523soujya16.jpg


180523soujya17.jpg


拝殿
180523soujya18.jpg


180523soujya19.jpg


180523soujya20.jpg


本殿を守っているのは、狛犬に代わり一対の白獅子だった。
180523soujya21.jpg


本殿
180523soujya22.jpg


180523soujya23.jpg


ご祭神:伊弉諾尊、大国主尊、素戔嗚尊、瓊々杵尊、大宮比売尊、布留大神

拝殿から神楽殿に、ちょっと長い廊下で続いている。
180523soujya24.jpg


境内社を参拝
180523soujya25.jpg


香丸稲荷神社、星宮神社
180523soujya26.jpg


180523soujya27.jpg


星宮神社について:
ご祭神は天香々背男命(あめのかがせおのみこと)。
 由緒は、奈良時代の天平年間「府中三光の宮」のひとつとして建てられた。国府の地割は正南北の方位に造られ、国府の北に「星の宮」を祀り、南に「日天様」と「月天様」を祀った。
「星の宮」と国衛を結ぶと、正南北の線上になり、国衝から見て「北極星」の位置に建てられたといわれる。これは、北極星信仰のあらわれである。当時は、国府在庁の役人が祭祀を行っていたが、後に香丸町の氏神とされ、毎年祭事が行われていた。現在は、常陸囲総社宮に合祀されており、当時の場所にはない。

愛宕神社、厳島神社
180523soujya28.jpg


180523soujya29.jpg


愛染神社
祭神は密教の愛染明王ということなので、神仏習合のかたちをそのまま残している。
180523soujya30.jpg


神武天皇遥拝所
180523soujya31.jpg


大和武尊 腰掛石
180523soujya32.jpg


180523soujya33.jpg


天麻比止都命(あめのまひとつのかみ)の石祠
180523soujya34.jpg


天麻比止都命 (あめのまひとつのかみ)=天目一箇神(あめのまひとつのかみ)である。
日本神話に登場する製鉄・鍛冶の神である。『古語拾遺』、『日本書紀』、『播磨国風土記』に登場する。別名は天之麻比止都禰命(あめのまひとつねのみこと)、天久斯麻比止都命(あめのくしまひとつのみこと)。ダイダラボッチと関係がある。またひょっとこ(火男)の原型とも伝えられている。
『古語拾遺』によれば、天目一箇神は天津彦根命の子である。岩戸隠れの際に刀斧・鉄鐸を造った。大物主神を祀るときに作金者(かなだくみ、鍛冶)として料物を造った。また、崇神天皇のときに天目一箇神の子孫とイシコリドメの子孫が神鏡を再鋳造したとある。『日本書紀』の国譲りの段の第二の一書で、高皇産霊尊により天目一箇神が出雲の神々を祀るための作金者に指名されたとの記述がある。『古語拾遺』では、筑紫国・伊勢国の忌部氏の祖としており、フトダマとの関連も見られる。

樹齢約600年の大楠
180523soujya35.jpg


180523soujya36.jpg


例大祭での「幌獅子」と山車の説明
180523soujya37.jpg


180523soujya38.jpg


宝物殿であろう、大谷石で出来た立派な倉があった。
180523soujya39.jpg


総社宮の参拝を終え、国分寺(既記事)を経て、舟塚山古墳に向かった。


続きを見る


「神社巡拝」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

茅葺き屋根の門ですか! 良いですねえ! こう言うのをみるとホッとします。

なるほど、「常陸国風土記」には「倭建命」ではなく、「倭武天皇」と書かれているのですね。当時の「天皇」と言う言葉がもし現在と同じような意味だとしたら、ヤマトタケルとは別人と言う可能性も有りになりますね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
「天皇」は大和朝廷の主だということです。
「天皇」は、天武天皇が創った名称なので。
「常陸国風土記」は朝廷の指示に基づいて編纂
されたので、倭建命を皇太子として、
先読みして使用したのでしょう。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop