北沢大石棒

20180622

所在地:長野県南佐久郡佐久穂町高野町上北沢1433
撮影日:2018年6月19日

この日、佐久市にある両親の墓参りのあと、日本一だというので、しかも外に立てられているというので、これを見に来た。
「石棒」は、縄文時代祭祀に使われたもので、土偶が女性を象っているのに対し、男性の象徴そのものである。
たいていの博物館には、これが陳列してあるので、日本全国各地にまんべんなくあったらしい。

北沢大石棒(きたざわだいせきぼう)は、長野県南佐久郡佐久穂町を流れる北沢川から出土し、同町高野町上北沢1433に保存されている石棒。北沢の大石棒、北沢川(の)大石棒ともいう。
縄文時代中期後半に、当地から産出した佐久石(志賀溶結凝灰岩)を用いて作られたもので、全長2.23メートル、直径25センチメートル、この種の遺物としては日本一の大きさである。佐久穂町指定文化財(有形文化財)に指定されている。

縄文時代中期後半 - 石棒が製作される。
1919年(大正8年) - 北沢川改修工事により出土。貴重なものと考えた高見沢伊重が、自分の田の畦に立て、保護したと伝えられる。
1982年(昭和57年) - 町の文化財に指定するため、一旦掘り出し、補強工事が行われた。その際に大きさの測定と、地中部分の実見が行われた。
1984年(昭和59年)5月28日 - 町指定文化財に指定。


場所は、グーグルマップに「北沢大石棒」が載っていたので、楽に現地に到着出来た。
情報のとおり、田んぼの中の畔にあった。
180621ishibou01.jpg


180621ishibou02.jpg


現地説明板
180621ishibou03.jpg


大きいのだろうが、自然の中にポツンと立っていると、実に迫力が無い(笑)
180621ishibou04.jpg


横に立つと、さすがに大きかった。
180621ishibou05.jpg


実にシンプルで、彫刻などは一切無し。
180621ishibou06.jpg


180621ishibou07.jpg


周囲の景色によって、実にのどかな感じだ。
180621ishibou08.jpg


中部横断自動車道が近くを走っている。
180621ishibou09.jpg


石棒については、岐阜県吉城郡宮川村塩屋に存在する「塩屋金精神社遺跡」が、縄文時代後期前半を中心とする石棒制作遺跡として有名である。そこで使用された石の材質が溶結凝灰岩ということで、北沢大石棒も同じ石なのだが、「佐久石」とあるので、この地で作られたものだろう。

この後、来た道を戻って、同じ長野県の御代田町にある「浅間縄文ミュージアム」に向かった。



「お気に入りの場所」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

いやあ、露骨なものですねえ(笑)

それにしても、川の改修工事で発見と言うことは、埋まった時から発見されるまでは信仰の対象となっていなかった訳ですね。また、発見当時は地層からの年代確定は行われなかったと思いますので、4000年前と言うのは、そのような信仰があったと言うことからの推測なのでしょうか。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
石棒という、おおらかな祭祀は縄文時代特有なもので、
それ以降は作られていないようです。
富山県などで、洞窟の中に古代祭祀施設と一緒に
置かれていたものを除けば、たいてい掘り出されて
いますね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop