築地・波除神社/つきじ獅子祭り

20180702

6月8日(金)に、築地の波除神社の「つきじ獅子祭り」を歴史クラブ行事で見てきました。
しかし事前の調査不足で、この日13:30に神輿が出ると思い出掛けたのですが、実際は15:30出発ということでした。
神輿を藏から出して組み立てるところを見ることが出来た。

11時少し前に、地下鉄築地駅に到着。そのまま直行して、予約していた寿司屋さんで昼食。

12:15くらいに波除神社に到着。
180702shishi01.jpg


180702shishi02.jpg


波除神社HPによれば、
今から350年程前、この築地一帯は一面の海でした。江戸開府(1603)時の慶長江戸絵図には、今の日比谷のお堀の辺りまで汐入を描き、八重洲の海岸に船の役所が見えます。開府前より始まった江戸城西丸の増築に掘られた、お堀の揚げ土を以って日比谷入江から埋め始められた、江戸東南海面埋立は、その後全国の諸侯七十家に千石に一人の人夫を出させ、後にはその埋立の役員の名をとり、尾張町、加賀町等と名附けられました。
 そして70年の後、明暦の大火の後に4代将軍家綱公が手がけた最後の埋立の工事困難を極めたのが、この築地海面でした。堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまうのです。

 或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思って船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。皆は畏れて、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、皆で盛大なお祭をしました。ところがそれからというものは、波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み埋立も終了致しました。萬治2年(1659)の事です。

 人々は、その御神徳のあらたかさに驚き、稲荷大神に 『波除』 の尊称を奉り、又雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の始まりです。

 それ以来今に至るまで、「災難を除き、波を乗り切る」 波除稲荷様として、災難除・厄除・商売繁盛・工事安全等の御神徳に崇敬が厚いのであります。その御神徳はその後も益々大きく、当時辺境の地であった築地も次第々々に開け、現在の如く繁華街となったのであります。

拝殿の前には、大きな「為朝公」の幟がある。
180702shishi03.jpg


六月大祭より夏越の大祓まで、古来当神社に伝えられたもので為朝公の御像を模したお札が授与されるそうで、
為朝公の山車も出るようだが、為朝公と波除神社の縁については帰ってからネットで調べてもわからなかった。

まずは参拝
180702shishi04.jpg


立派な賽銭箱だ。
180702shishi05.jpg


拝殿内
180702shishi06.jpg


幣殿には両側に獅子頭が。
180702shishi07.jpg


今日は、「天井大獅子」は出番なし。
180702shishi08.jpg


180702shishi09.jpg


今から330年前、埋立工事は難航を極めたが、ある夜、海面に光って漂う御神体を見つけ、社殿を造りそこに祭ったところ、波風がおさまり工事はやすやすと進んだ。人々は「波除」の尊称を奉り、今に至るも崇敬が厚い。この波除稲荷神社の例大祭に「日本一厄除天井大獅子」が出御し「つきじ獅子祭」と呼ばれている。巨大な獅子頭を担ぎ棒で組み、神輿のように担ぐもので江戸時代、すでに著名だった。大正2年、大正の御大祭には、各神社が神輿を宮城前に担ぎ入れる中にただ1社、大獅子を担ぎ入れ奉祝した伝統を持つ。
平成二年に雄の「天井大獅子」が黒檜一木造りで高さ2、4メートル・幅3,3メートル・重さ1トンの白木の巨大な姿で再興されました。
 そして平成十四年、雌の大獅子「お歯黒獅子」が木彫で高さ2、15メートル・幅2,5メートル・重さ700キロ、担ぎ棒が組み入れられる台座に固定され、朱塗りの姿で再興されました。雌を現す頭の宝珠の中には、ご創建時に同じく奉られた弁財天のご神像を新調しお納めし、弁財天・お歯黒獅子として手水舎も組み込んだ社殿に納められました。この雌獅子はこの年から担がれ、女性だけの担ぎ手の区間が設けられ、築地名物として定着しつつあります。
平成24年には大獅子の復興作業最後の締めくくりとして、江戸時代以来焼失していた龍虎の頭も復興し、神社創建以来初となる神社千貫宮神輿雌雄一対の大獅子と宮神輿すべて担いでの御巡行を執り行い、江戸時代以来の獅子を担ぐ伝統と、昭和に新たにできた千貫宮神輿を加え、伝統と新しさを兼ね備えた江戸随一の祭りとなります。

「弁才天お歯黒獅子」は、今日出番があるのでここには不在。
180702shishi10.jpg


180702shishi11.jpg


波除神社に向かって右の道路に居た。
180702shishi12.jpg


180702shishi13.jpg


180702shishi14.jpg


しばらくして、拝殿の左側の神輿庫から、千貫宮神輿が出てきた。
180702shishi15.jpg


180702shishi16.jpg


180702shishi17.jpg


拝殿前に置かれ、担ぎ棒などの組み立てが始まった。
180702shishi18.jpg


180702shishi19.jpg


ふいっと気が付いたら、お歯黒獅子がどこかに出掛けて行った。
180702shishi20.jpg


そんなに時間が経たないうちに、戻って来た。
180702shishi21.jpg


180702shishi22.jpg


また、元の場所に置かれた。
180702shishi23.jpg


組み立てが終わった千貫宮神輿を、じっくり拝見。
180702shishi24.jpg


180702shishi25.jpg


180702shishi26.jpg


180702shishi27.jpg


180702shishi28.jpg


180702shishi29.jpg


お歯黒獅子が入場してきた。
180702shishi30.jpg


180702shishi31.jpg


お歯黒獅子に、弁才天が描かれた後ろ幕が張られた。
180702shishi32.jpg


氏子さんたちも、これでしばらくのんびり。
180702shishi33.jpg


洒落たアクセントのついた足袋を履いている人もいた。
180702shishi34.jpg


一応、これで神輿の組み立ては終わったので、この場を離れた。
180702shishi35.jpg


入れ替わりにやってきた、いなせな人物とすれ違い。
180702shishi36.jpg


場外市場は、当然今日も賑わっている。
180702shishi37.jpg


市場からの、カートがひっきりなしに通る。
180702shishi38.jpg


休憩所を見つけてしばらく休んでから、今日は何をお土産にしようかなと、物色。
180702shishi39.jpg


180702shishi40.jpg


参加者の集合場所、築地本願寺に早めに戻り、中で居眠りしながら全員が戻るのを待った。
180702shishi41.jpg


180702shishi42.jpg


180702shishi43.jpg


早目に集合したので、ちょっと歩いて銀座まで出たら、ちょうど赤坂日枝神社山王祭の神幸祭の行列が銀座通りを来るのに遭遇。
ラッキーということで、それを見てから帰途についた。

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

私はその翌日の6/9(土)の本社神輿渡御の撮影に行ってきました。昨今は有名神社がホームページを持っており、そこの祭り情報を見て、行く時間や渡御ルートを確認しました。

それにしても、ちょうどよい時間に銀座に行かれて、良かったですね!!

matsumo さん

コメントありがとうございます。
ホームページの行事予定表で確認したのですが、
間違えやすい書き方になっていたんですね。
まあ、神輿などを間近に観察できたのは、
良かったです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop