FC2ブログ

青面金剛庚申塔/目黒区大鳥神社③

20180713

所在地:東京都目黒区下目黒3丁目1−2 大鳥神社境内
撮影日:2018年1月16日

大鳥神社
180713ootori01.jpg


大鳥神社については、既に記事があります。

その記事を見る


大鳥神社の社殿に向かって、左側の境内の隅に庚申塔が並んでいますが、文字塔を除いた4基を順にアップしていきます。
180713ootori02.jpg


今回は、向かって右側から三番目の③を取り上げます。
180713ootori03.jpg


180713ootori04.jpg


銘文は、右に造立年、左に月日である。
180713ootori05.jpg


180713ootori06.jpg


塔身:唐破風笠付角柱型
主尊:一面六臂青面金剛
日月:浮彫瑞雲付き
主尊の特徴:一面六臂、髪と顔は破損していてわからない。
本手:羂索とショケラ
他の手が持つ法具:独鈷、弓、矢、鉾
脇侍:三猿
造立年代:元禄元年(1688)
高さ:136cm

塔身は唐破風笠付
180713ootori07.jpg


日月は浮彫、瑞雲付きなのが辛うじてわかる。
180713ootori08.jpg


一面六臂青面金剛全身
髪、顔は破損していて、よくわからない。
180713ootori09.jpg


本手は羂索とショケラ、向かって右側の二手は上から独鈷、弓。左側の二手は上から鉾、下は風化でわからなくなっているが、弓に対して矢であることは間違いない。
ショケラに対して普通は剣なのだが羂索と、独鈷も珍しい。
180713ootori10.jpg


青面金剛は岩の上に立ち、その下に三猿。
三猿は右から言わざる、聞かざる、見ざる。
180713ootori11.jpg



「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

これも、わざわざ顔の部分を削ったような感じですね。明治時代に庚申信仰を含めた宗教に弾圧があったようですので、その時に削られたのでしょうか。

そう言えば、先日、足立区立堀之内公園に行った際、庚申塔らしいのを撮影しました。下が3匹の猿、その上がまん丸い鬼の顔、そして、その上が仏像でした。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
堀之内公園にあったという庚申塔、面白そうと思い、
調べてみましたが、ネットではヒットしません。
近いうちに、確かめてみます。
足立区は、まだ全然取り組んでいません。
ネットで見ると、ずいぶんありそうです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop