FC2ブログ

季節の花/紫苑、パンパスグラス、ペンタス、曼珠沙華、ヤブラン、ワタ

20180922

【紫苑 シオン】
撮影場所:狭山市緑化植物園
撮影日:2018年9月19日

学名: Aster tataricus)は、キク科シオン属の多年草。別名はオニノシコグサ(鬼の醜草)、ジュウゴヤソウ(十五夜草)、オモイグサ(思い草)。
中国北部、シベリアなどが原産の多年草で古い時代に渡来した。
草丈は180cmくらいまでになる。
開花期は秋で、周囲に薄紫の舌状花が一重に並び、中央は黄色の筒状花の花を咲かせる。
根および根茎に去痰作用、利尿作用がある。生薬名も植物名と同じく紫苑(しおん)で、杏蘇散(きょうそさん)などの漢方方剤に使われる。
その花の色から紫苑という色名の語源となった。花言葉は「君の事を忘れない」・「遠方にある人を思う」。
180922hana01.jpg


180922hana02.jpg


180922hana03.jpg


180922hana04.jpg


【パンパスグラス】
撮影地:東京都調布市神代植物公園
撮影日:2018年9月17日

シロガネヨシ(学名: Cortaderia selloana)は、イネ科シロガネヨシ属の多年生植物。英名からパンパスグラスとも呼ばれる。
原産地はブラジル、アルゼンチン、チリなどの南米大陸の草原(パンパス)。各国で観賞用に栽培され[3]、日本には明治時代に入ってきた。
高さ2-3m程度と大きく成長し、細長い葉が根元から密生して伸びる。葉は縁が鋭い。
8-10月にかけて、垂直に立ち上がった茎に長さ50-70cmの羽毛のような花穂をつける。雄株と雌株があり、雄株の花穂は細長いのに対し、雌株は幅広く綿毛を持つ。色はややピンクがかった白銀色である[2]。種類によっては矮性のものや、穂の色が紫色のものもある。
180922hana05.jpg


180922hana06.jpg


180922hana07.jpg


180922hana08.jpg


180922hana09.jpg


【ペンタス】
撮影地:東京都調布市神代植物公園
撮影日:2018年9月17日

学名:Pentas lanceolata、和名:クササンタンカ、科名 / 属名:アカネ科 / クササンタンカ属(ペンタス属)
熱帯アフリカを原産とする熱帯植物。開花する時期は8〜10月とされ、夏から秋に掛けてが見頃です。暑さに負けずによく開花します。本来は低木状に育ちますが、タネから育てる矮性に改良された品種が小型~中型の鉢物や花壇苗としてよく普及しています。
花言葉は『願い事』『希望がかなう』
花びらが星のような形をしていることから、流れ星に願掛けすることなどにちなんでつけられたといわれています。
180922hana10.jpg


180922hana11.jpg


180922hana12.jpg


180922hana13.jpg


180922hana14.jpg


【曼珠沙華】
ヒガンバナ(彼岸花、学名 : Lycoris radiata)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)、学名からリコリス・ラジアータとも呼ばれる。
全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。
道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に色素形成異常で白みがかった個体[3]もある。その姿は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30 - 50cmの枝も葉も節もない花茎が地上に突出し、その先端に苞に包まれた花序が一つだけ付く。苞が破れると5 - 7個前後の花が顔を出す。花は短い柄があって横を向いて開き、全体としてはすべての花が輪生状に外向きに並ぶ。花弁は長さ40mm、幅約5mmと細長く、大きく反り返る。

撮影場所:東京都江東区清澄庭園
撮影日:2014年9月牟23日
180922hana15.jpg


180922hana16.jpg


180922hana17.jpg


撮影場所:石川県金沢市 金沢城内
撮影日:2017年9月17日
珍しい黄色の花でした。
180922hana18.jpg


180922hana19.jpg


180922hana20.jpg


たっぷり咲き誇っている景色の写真は、昨年「巾着田」で撮りましたので、そちらの記事で見てください。

巾着田の曼珠沙華を見る



【藪蘭 ヤブラン】
撮影地:東京都調布市神代植物公園
撮影日:2018年9月17日

学名:Liriope muscari)は、キジカクシ科ヤブラン属に属する多年草。別名リリオペ、サマームスカリ。東アジアに分布する。
開花期は夏から秋。花は紫色の小さいもので、穂状に咲く。葉は細長く、先は垂れる。
園芸品種には葉に斑入りのものがあり、庭の木陰で栽培され、花期以外にも鑑賞される。
180922hana21.jpg


180922hana22.jpg


180922hana23.jpg


180922hana24.jpg


【ワタ】
撮影場所:狭山市緑化植物園
撮影日:2016年9月17日
180922hana25.jpg


ワタ属(Gossypium spp.、英: cotton plant)は、アオイ科の属の一つ。約40種の多年草からなる。世界各地の熱帯または亜熱帯地域が原産。子房が発達して形成される朔果 (boll) の内部の種子表面からは白い綿毛が生じ、これを繊維として利用するため栽培される。この繊維は綿(木綿)として利用される。
また、繊維を採取した後の種子から取られた綿実油は、食用油として利用される。油の絞りかすにはポリフェノールのゴシポールが含まれており、有毒であるが、中国では男性用の経口避妊薬として用いられている。
180922hana26.jpg


180922hana27.jpg


180922hana28.jpg


180922hana29.jpg




「季節の花」記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

シオンは昨年までは昭和記念公園で撮っていたのですが、今年はなぜか、見あたりませんでした。パンパスグラスは背が高い上、穂が大きいので、写真的に面白いですよね。

ヤブランは私の家の植木鉢で咲きます。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
パンパスグラスは、以前から撮りたいと
思っていたので、見つけた時は「やった!」
と嬉しかったです(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop