FC2ブログ

青面金剛庚申塔/目黒区・五本木庚申塔群③

20181017

所在地:東京都目黒区五本木二丁目20番15号
撮影日:2018年1月16日

場所は、東急東横線祐天寺駅下車して7分ほど歩いたところにあり、幸いグーグルマップに載っているので、それを頼りに訪ねた。

小堂内に庚申塔4基、地蔵尊1基、堂前右手前に念仏塔1基、堂外左後方に庚申供養塔(文字)1基が建っています。
181017gohon01.jpg


181017gohon02.jpg


庚申塔4基のうち、今回は右から三番目の③を紹介する。
181017gohon03.jpg


②は、磨滅が激しく六臂のうち四臂はまったくわからず銘文も消滅している状態なので、載せるのは省略した。

塔身は駒形。
181017gohon04.jpg


181017gohon05.jpg


銘文は、右側に「貞享三丙寅年」、左側に「十月九日」とあり。
181017gohon06.jpg


塔身:駒形
主尊:一面六臂青面金剛
日月:浮彫、瑞雲付き
主尊の特徴:一面六臂、髪火焔、岩の上に立つ
本手:合掌
他の手が持つ法具:索縄、弓、矢、三叉矛
脇侍:三猿
造立年代:貞享3年(1686)
高さ:89cm

日月瑞雲は浮彫りだが、簡素でほとんど筋彫状態。
181017gohon07.jpg


青面金剛全身
181017gohon08.jpg


181017gohon09.jpg


髪火焔、表情は眉を吊り上げ忿怒形。
181017gohon10.jpg


181017gohon11.jpg


本手は合掌。
他の手が持つ法具は、右側が上から索縄、弓、左側は上から三叉矛、矢。
181017gohon12.jpg


青面金剛は岩の上に立ち、その下に三猿が居る。右から、見ざる、言わざる、聞かざる。
181017gohon13.jpg


181017gohon14.jpg


この庚申塔の特徴:
・髑髏、蛇、鶏、邪鬼は登場せず。
・手に持つ法具が、通常法輪のところに索縄を持っているのが変わっている。
・青面金剛は岩の上に立ち、その下に三猿が居る。


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop