FC2ブログ

筥崎宮の浪花型狛犬

20181208

所在地:福岡県福岡市東区箱崎一丁目22-1 筥崎宮 西末社前
撮影日:2018年7月20日

筥崎宮については、既に記事があります。

その記事を見る


筥崎宮には3組の狛犬が居るが、前回一の鳥居の籠神社型を紹介した。
東末社前には中国獅子型が居るが、年代がわからないので省略し、今回は西末社前のを紹介する。
181207hakonani01.jpg


年代:大正5年(1916)奉納
材質:石造
型式:浪花型

右側が阿形。タテガミが巻き毛なので獅子。蹲踞している。
181207hakonani02.jpg


181207hakonani03.jpg


181207hakonani04.jpg


タテガミが巻き毛で丸まっている感じ。
耳を立て、目は鋭いギョロ眼、鼻が高い。
口を大きく開いて、唇が二重に縁取りされ、たわみは大きい。歯はするどい感じ。
身体と比較して顔が大きく、人面。怒った感じ。
181207hakonani05.jpg


181207hakonani06.jpg


左は吽形、タテガミが流れており狛犬。ごく低いが角がある。蹲踞している。
181207hakonani07.jpg


181207hakonani08.jpg


タテガミが巻き毛で丸まっている感じ。
耳を立て、目は鋭いギョロ眼、鼻が高い。
口を閉じ、唇が二重に縁取りされ、たわみは大きい。歯を噛み締めている。
身体と比較して顔が大きく、人面。怒った感じ。
181207hakonani09.jpg


181207hakonani10.jpg


頭に比べて身体が小さいが躍動的。
前足は短く、後足は蹲踞。
前足と後足の走り毛は、巻き毛が長く伸びて立派だ。
181207hakonani11.jpg


181207hakonani12.jpg


尾は立ち尾。根元から二段巻き毛が重なりそこから真ん中に太い炎が立つ。
181207hakonani13.jpg



浪花型は、通常人懐こい表情が多いのだが、ここの狛犬は怒った顔で珍しい。
人面の顔が、身体と比較して馬鹿デカイ。
小型なので、顔が怒っていても迫力にはイマイチ欠けているのも浪花型の特徴。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この狛犬は1~3枚目の横からの写真と正面から見た写真と随分、感じが違いますね。すなわち、横からだと、最近の狛犬かと言う感じがしますが、正面からだと、摩耗があって古そうな感じがします。

そう言えば、昨日(12/8)、目黒の大円寺に行って、四季歩さんに教わった庚申塔を撮影してきました。いつも、門から入ってまっすぐ進むので、あのような場所、すなわち、門から入ってすぐ右折の場所にああいうものがあるなんて、今まで全く気がつきませんでした。これからは、境内はよく観なければと思いました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私は、見落としが無いようにの工夫は、反時計廻りに、
参道の右をずっと見て行って、社殿のまわりは反時計回りに回り、
帰りは反対側をずっと見ていく。
それでも境内は単純な形ではないので、見落としたり
しますが。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop