FC2ブログ

市原市・島穴神社の狛犬

20181229

所在地:千葉県市原市島野1129 島穴神社参道
撮影日:2015年9月25日

上総国の式内社めぐりで参拝した際に、この狛犬に会いました。

島穴神社については、既に記事があります。

その記事を見る

島穴神社入り口
181229shima01.jpg


拝殿前の参道に、今回の狛犬が居ます。
181229shima02.jpg


当日雨が降っていたので、狛犬は濡れた状態の写真です。

年代:文政8年(1825)
材質:石造
型式:江戸尾立ち型

右側の阿形獅子。蹲踞している。
181229shima03.jpg


181229shima04.jpg


181229shima05.jpg


口を開いており、たてがみが巻き毛なので獅子。
耳は伏せ、目はまん丸
眉と顎鬚は、巻き毛が一列に重なって横に連続している。
口を大きく開き、歯列は目立たないが牙は鋭くて長い。
顔の輪郭は四角いが、顔のパーツが丸っこいので、そんなに威嚇は感じない。
181229shima06.jpg


181229shima07.jpg


左側の吽形獅子。蹲踞している。
181229shima08.jpg


181229shima09.jpg


口を閉じており、巻き毛なので吽形獅子。
耳は伏せ、眼はまん丸。
眉と顎鬚は、巻き毛が一列に重なって横に連続している。
口を閉じているが歯をむき出している。
顔の輪郭は四角く、歯をむき出しているので、かなり威嚇状。
181229shima10.jpg


181229shima11.jpg


前足をちょっと曲げて、少し前に出し気味。後足は蹲踞。丸っこい感じ。走り毛と巻き毛をあしらっている程度で体毛は控えめ。
181229shima12.jpg


181229shima13.jpg


尾は立っていて、勢いのある炎型。巻き毛が中央に一つ、左右に三つずつ。
181229shima14.jpg


181229shima15.jpg


年代は、文政8年(1825)。
181229shima16.jpg


各部も、全体的にも丸っこい感じで親しみやすい「江戸尾立型」。
参道で参拝客を迎えるにはぴったりだ。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

横からの写真だと、ガッシリした感じですが、丸みを帯びた感じの狛犬ですね。これだと、経年変化に強そうな感じがします。

台石には「福田」と彫られていますが、これ、奉納した人の名字でしょうか。


matsumoさん

コメントありがとうございます。
台座の文字は、右が「福田」、左が「敬義」となっています。
「福田ふくでん」という言葉が仏教用語ではありますが、
ここは神社ですからね。
神仏習合時代ならあり得ますが。
「敬義」という用語は無いようです。
「福田敬義」さんという名前が妥当だと思われます。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop