FC2ブログ

赤坂氷川神社の狛犬-2

20190110

所在地:港区赤坂六丁目10番12号 赤坂氷川神社参道
撮影日:2014年4月15日

赤坂氷川神社については、既に記事があります。

その記事を見る


赤坂氷川神社入り口
190110akasaka01.jpg


赤坂氷川神社には7組の狛犬があり、今回は古い方から二番目のものです。
その狛犬は、三つの入り口からの参道が交差し、神門に向かう参道に入ってすぐの場所に居ます。
190110akasaka02.jpg


年代:弘化3年(1846)
材質:石造
型式:江戸流れ尾型、両子連れ型

右側の阿形獅子。蹲踞して、子獅子を連れている。
190110akasaka03.jpg


190110akasaka04.jpg


190110akasaka05.jpg


口を開いており、たてがみが巻き毛なので獅子。
たてがみは巻き毛が大きく立派で、長く流れて尻にまで達している。
毛が目立つ耳を伏せ、目はまん丸で奥まっている。
眉と顎鬚は、横に流れて先が巻き毛となっている。
口は半開きだが、歯をむき出して、牙も鋭い。
顔の輪郭は四角く、いかつい表情でこちらをにらみつけている。
190110akasaka06.jpg


190110akasaka07.jpg


連れている子獅子
190110akasaka08.jpg


190110akasaka09.jpg


左側の吽形獅子。蹲踞して、子獅子を連れている。
190110akasaka10.jpg


190110akasaka11.jpg


口を閉じており、たてがみが巻き毛なので獅子。
たてがみは巻き毛が大きく立派で、長く流れて尻にまで達している。
毛が目立つ耳を伏せ、目はまん丸で奥まっている。
眉と顎鬚は、横に流れて先が巻き毛となっている。
口は半開きだが、歯をむき出して、牙も鋭い。
顔の輪郭は四角く、いかつい表情でこちらをにらみつけている。
190110akasaka12.jpg


190110akasaka13.jpg


連れている子獅子
190110akasaka14.jpg


190110akasaka15.jpg


片方の前足で小獅子を捕まえて、後足は蹲踞。爪は大きい。たてがみと尾から流れる毛で身体を覆っていて、体毛の表現はあまりない。
190110akasaka16.jpg


190110akasaka17.jpg


尾は立ちあがってから横に流れている。巻き毛は左右に三つずつ。
190110akasaka18.jpg


190110akasaka19.jpg


年代は、弘化3年(1846)。
190110akasaka20.jpg


この狛犬は、江戸流れ尾型で、阿吽両方とも子獅子を連れている。
たてがみと尾から流れた毛が長くて身体を覆っている。
顔は江戸狛犬の典型的なもの。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

以前にここ、書かれていましたが、その時は近い内に行こうと思っていたのに、未だに、行っていません。ううん、ここ数年、赤坂って私の意識から外れているもので。それにしても、赤坂とは信じられない位の境内に広さですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
赤坂氷川神社は広いですよね。
たぶん、浅野内匠頭夫人の実家の藩邸跡が
そっくり神社になったのでしょう。
大宮の氷川神社にて明治天皇が東京に移って
4日目にご親祭を行われたことで、氷川神社は
威勢が良かったのでしょう。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop