FC2ブログ

大宮・鉄道博物館

20190207

1月25日に、歴史クラブの「博物館に行こう」グループの企画で訪れました。

開館時間の10時ちょっと前に到着したので、たくさんの鉄道ファンと一緒に開館を待った。
190207tetsu01.jpg


入ると、ボランティアガイドの方が声をかけてくれて、2時間案内をしていただいた。

【一号機関車】
1872年(明治5年)、日本で最初の鉄道開業に際してイギリスから輸入された蒸気機関車5形式10両中の1形式で、1両のみが輸入された。
1872年10月14日の新橋 - 横浜間鉄道開業後は、客貨問わずに使用された。
その後、東海道線神戸地区、中山道幹線の建設資材輸送用、大阪地区で入換専用を経て、島原鉄道の開業用に譲渡された。
貴重な1号機関車として、1930年(昭和5年)、鉄道省に戻ね保管されることになった。同年7月3日、本機は諫早駅で盛大な惜別式を行ない、その際、創業者で時の社長・植木元太郎は、創業期に功績のあった機関車への感謝の念を込め『惜別感無量』と記した自筆のプレートをあつらえて、側水槽に装着させた。
190207tetsu02.jpg


190207tetsu03.jpg


連結部分
190207tetsu04.jpg


【弁慶号】
1880年(明治13年)の北海道初の鉄道(官営幌内鉄道)の開業にあたり、アメリカ合衆国から輸入された蒸気機関車である。西部劇から抜け出てきたような、アメリカの古典的スタイルの機関車で、その愛称とともに日本の古典蒸気機関車の代表格として親しまれている。
190207tetsu05.jpg


側面に愛称名が漢字で大書されているが、これは、開拓使長官黒田清隆の筆とも、大書記官山内堤雲の筆ともいわれている。
190207tetsu06.jpg


明治天皇のお召し列車に使用された「開拓使号」
190207tetsu07.jpg


190207tetsu08.jpg


190207tetsu09.jpg


小樽で試運転する弁慶号。
橋は木製だったそうだ。
190207tetsu10.jpg


【一号御料車】
1876(明治9)年に京阪間の鉄道開業式にそなえて明治天皇ために製造された、日本最初の御料車です。
190207tetsu11.jpg


190207tetsu12.jpg


【二号御料車】
1901(明治34)年に九州鉄道が導入した御料車です。1907(明治40)年に九州鉄道が国有化され、1911(明治44)年に2号御料車となりました。
190207tetsu13.jpg


190207tetsu14.jpg


190207tetsu15.jpg


【電車の原型 ナデ6110】
190207tetsu16.jpg


190207tetsu17.jpg


190207tetsu18.jpg


190207tetsu19.jpg


【電気機関車ED40形式10号】
日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院が1919年(大正8年)から製造したラックレールを使用するアプト式直流用電気機関車である。
信越本線のアプト式区間である横川 - 軽井沢間(碓氷峠)用の電気機関車で、1919年に4両、1920年(大正9年)に4両、1921年(大正10年)に3両、1922年(大正11年)に2両、1923年(大正12年)に1両の計14両が鉄道院大宮工場(現在のJR東日本大宮総合車両センター)で、10000形(後のEC40形)の増備用として製造された。国鉄が初めて導入した国産電気機関車である。本形の増備により、1921年に碓氷峠区間での蒸気機関車の運転が廃止された。
私は1955年頃に、御代田駅のスイッチバックを小学校の遠足で見学に行ったが、蒸気機関車がスイッチバックをしていた。横川 - 軽井沢間(碓氷峠)だけが電気機関車で、軽井沢からはまだ蒸気機関車だったのだ。

私が、今日見るのを楽しみにしていたのがこれだ。
高校卒業して、大学に入るため東京に出てきてから、何度碓氷峠を汽車で通ったことか。
ものすごくお世話になった機関車なのである。
190207tetsu20.jpg


190207tetsu21.jpg


190207tetsu22.jpg


190207tetsu23.jpg


190207tetsu24.jpg


これは模型だが、このように大きなモーターを二基搭載していた。
190207tetsu25.jpg


【鉄道だけで東京からパリに】
190207tetsu26.jpg


190207tetsu27.jpg


190207tetsu28.jpg


190207tetsu29.jpg


190207tetsu30.jpg


【ストーブ列車】
190207tetsu31.jpg


190207tetsu32.jpg


日除け
190207tetsu33.jpg


【新幹線誕生】
190207tetsu34.jpg


190207tetsu35.jpg


190207tetsu36.jpg


東北新幹線と山形新幹線が並んでいる。
190207tetsu37.jpg


【山形新幹線】
190207tetsu38.jpg


190207tetsu39.jpg


確かにレールの幅が狭い。
190207tetsu40.jpg


大宮駅などでは、ホームとの間に隙間が大きく出来るので、出入り口にデッキが付いていて、これを出すのだ。
190207tetsu41.jpg


【東北新幹線】
190207tetsu42.jpg


190207tetsu43.jpg


グランクラスのシートは良さそうだ。
190207tetsu44.jpg


【増上寺の梵鐘】
列車を定時に運行しようとしても、国民がまだ時間の観念が無かった時代だから、苦労したんですね(笑)
190207tetsu45.jpg


190207tetsu46.jpg


ここで、駅弁売り場のところを通り、駅弁を購入。
いろいろな駅弁を売っていて、どれを買おうか悩んだ(笑)
私が購入したのは「にいがた牛の焼肉弁当」

【機関車の旋回】
機関車の旋回のデモンストレーションがあった。
190207tetsu47.jpg


190207tetsu48.jpg


これを眺めたあと、さきほど購入したお弁当を、ガイドさんが勧めてくれた、新幹線が通過するのを良く見える場所のフリースペースで食べた。

【ジオラマ】
13:00から10分間の解説ショーを見ました。
190207tetsu49.jpg


日本一のジオラマだそうですが、鉄道にあまり詳しくない私には唯々驚きでした。
解説ショー中と、その後自由時間にも動画を撮影しました。
車両にも詳しくないのでピント外れの撮影で、恥ずかしいですが、ユーチューブにアップしたので見てください。
下記「その動画を見る」をクリックすれば、見ることができます。

その動画を見る


以上で、今回の鉄道博物館を見るのは終了して、希望者だけ「歴史と民俗の博物館」に移動して「埼玉の官衙」展を見て帰りました。

テレビなどの番組でもしばしば見ていて、すごいのは分かっていたのですが、今回初めて見て圧倒されました。
まだ半分くらいしか見ていないと思います。
ジオラマの動画撮影も、もっと良い物に撮りたいし、また行きたいと思っています。


「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

ここ、1回は行きたいと思っていますが、未だに果たせません。なるほど、博物館と言うのに、館内で食事もできるのですね。

大昔の小学校4年の夏休みに、母と弟と一緒に、ものすごく混んだ列車に乗って、富山県・福光の母の実家に行きました。その時は上野駅からずっと蒸気機関車で、碓氷峠のトンネルでは、急いで閉めた窓や、まどの隙間から煙が入って大変でした。でも、その時にスイッチバックがあった思い出は無いです。記憶にあるのは、通路をトイレまで歩くだけでも大変だったので、子供は窓からオシッコをしていたことと、横川駅でみんなが釜飯を買っていたことですね。


matsumoさん

コメントありがとうございます。
あの時代に、福光まで汽車で行くのは大変だったと
思います。
福光では、東京との落差に驚いたのではないでしょうか(笑)
窓から入って来る石炭の煙の臭いは
懐かしいです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop