FC2ブログ

吾嬬神社境内・福神稲荷の狛狐

20190330

所在地:東京都墨田区立花1-1-15 吾嬬神社境内福神稲荷神社
撮影日:2017年9月10日

吾嬬神社については、既に記事があります。

その記事を見る


吾嬬神社社殿の右側に境内社福神稲荷神社があり、その参道に狛狐が居る。
190330fuku01.jpg


年代:天保9年(1838)
材質:石造
型式:他眷属型-狐

ここの狛狐は、阿吽にはなっていない。
狛狐は、たいてい宝珠と鍵を持っているが、ここのはそれが無く、一方が玉を持ち、もう一方が子狐を連れている。「玉取り子連れ型」である。

説明を読むと、第二次大戦の際周囲は全て焼き尽くされたのに社殿は全く無傷であったとの事だが、狛狐のほうは、一部補修されているのをみると、少し傷んでしまったようである。
190330fuku02.jpg


右の狛狐は、口を閉じて吽形。玉を持つ。
190330fuku03.jpg


190330fuku04.jpg


顔が、鼻の所から折れたようだが、うまく補修されている。
190330fuku05.jpg


190330fuku06.jpg


尾は、横に流れている。
190330fuku07.jpg


左も口を閉じ吽形。子狐を連れている。
190330fuku08.jpg


190330fuku09.jpg


190330fuku10.jpg


190330fuku11.jpg


190330fuku12.jpg


尾は付け根の所が傷んでいる。
190330fuku13.jpg


子狐は、顔を損傷しているが、上手に補修されている。
190330fuku14.jpg


190330fuku15.jpg


この狛狐は、普通宝珠と鍵を持っているのに対して、「玉取り子連れ型」になっている。
少し傷んだところがあるが、それを上手に補修しているのが、とても嬉しい。
表情は、実に思慮深い顔をしているのが印象的だ。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop