FC2ブログ

猿田彦神社の狛犬-2

20190527

所在地:三重県伊勢市宇治浦田2-1-10 猿田彦神社脇門前
撮影日:2019年3月18日

猿田彦神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は、脇門の駐車場の傍に居る。
190527saruta01.jpg


年代:明治36年
材質:石造
型式:江戸尾立ち型、獅子狛犬型。

右側が阿形。タテガミが巻き毛なので獅子。角は無い、蹲踞している。
190527saruta02.jpg


190527saruta03.jpg


190527saruta04.jpg


タテガミは巻き毛で肩まで。
耳は聞き耳を立てている。
目は怒り、鼻の穴を膨らませている。
唇のたわみが大きい口を開き、舌をのぞかせている。歯列は目立たないが牙はわかる。
鼻鬚は若干カールし、顎髭は直毛が並び、口を囲んでいる。
表情は、怒って睨んでいる。
190527saruta05.jpg


190527saruta06.jpg


左側が看板に隠されていて、見難い(汗)
吽形、タテガミが直毛であり狛犬。角がある。蹲踞している。
190527saruta07.jpg


190527saruta08.jpg


190527saruta09.jpg


タテガミは直毛であり、狛犬。角がある。
耳は聞き耳を立てている。
目は怒り、鼻の穴を膨らませている。
口を閉じ、歯をむき出している。
鼻鬚、顎髭は風化のためよくわからない。
表情は、怒って睨んでいる。
190527saruta10.jpg


190527saruta11.jpg


胸を張り、短めの前足を真っ直ぐ、若干前に出している。後足は蹲踞。
両足の爪は立派。体毛の表現はほとんど無し。
190527saruta12.jpg


190527saruta13.jpg


・尾は立っていて、炎型で巻き毛あり。
190527saruta14.jpg


190527saruta15.jpg




狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この狛犬は前回、見せていただいたものより保存状態が悪いですね。苔が生えてしまったのを取り除いたように見えますね。

さて、この神社ですが、このそばに女流日本画家「伊藤小坡」の絵をメインにした「小坡美術館」と言うのがあり、「御田祭」の田植えの最中にそこに行ったことを思い出しました。氏の絵、素晴らしいものでした。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
この狛犬がもともとあったのが、役目を終えて
引退したというところでしょうか?
もうちょっと良いところに置いて欲しいですが。
「小坡美術館」は知りませんでした。
惜しいことをしました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop