FC2ブログ

徐福公園の中国獅子

20190702

所在地:和歌山県新宮市新宮7178番地
撮影日:2019年3月19日

徐福公園については、既に記事があります。

その記事を見る


ここには楼門前と徐福の墓入り口に、二組の中国獅子が置かれている。

【楼門前の中国獅子】

年代:平成6年(1994)
材質:石造
型式:中国獅子

立派な楼門の前に、正面を向いている。
中国獅子の場合は、左右ともに口を開いている。狛犬のように阿吽一対ということはない。
190702jofuku01.jpg


190702jofuku02.jpg


右側の獅子
口の中に玉を咥え、右の前足で玉を持ち、左の前足は背中から回った布を掴んでいる。
胸に鈴をつけている。
190702jofuku03.jpg


190702jofuku04.jpg


190702jofuku05.jpg


190702jofuku06.jpg


190702jofuku07.jpg


左側の獅子
口の中に玉を咥え、右の前足で玉に乗った子獅子の後足を掴んでいる。
左の前足は子獅子を抱えている。
胸に鈴をつけている。
190702jofuku08.jpg


190702jofuku09.jpg


190702jofuku10.jpg


190702jofuku11.jpg



【徐福墓所入り口の中国獅子】

年代:不明
材質:石造
型式:中国獅子

墓所入り口に、横向きで左右が向かい合っている。
190702jofuku12.jpg


190702jofuku13.jpg


右側の獅子
口の中に玉を咥え、右の前足で玉に乗った子獅子を押さえ、左の前足は子獅子を抱えている。
胸に鈴をつけている。
190702jofuku14.jpg


190702jofuku15.jpg


190702jofuku16.jpg


190702jofuku17.jpg


190702jofuku18.jpg


190702jofuku19.jpg


左側の獅子
口の中に玉を咥え、右の前足で玉を持ち、左の前足は背中から回った布を掴んでいる。
胸に鈴をつけている。
190702jofuku20.jpg


190702jofuku21.jpg


190702jofuku22.jpg


190702jofuku23.jpg


190702jofuku24.jpg



中国獅子は、頭が大きく姿勢がダイナミック。
身体を布で装飾して、口に玉を咥えて、両前足で玉や子獅子を抱えて、派手な造りになっている。
現代の岡崎型が派手になっているのは、これに影響されてのことだと、よくわかる。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

新宮では駅前のビジネスホテルに2泊したので、この徐福公園には4回位、行ったと思います。

この中国式の狛犬、すなわち、口の形に特徴があるのですが、最近は都区内でも時々、見ますね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
中国獅子は、派手なので目立ちますよね。
たしかに、最近目立つようになったと
思います。
これはこれで、いいものですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop