FC2ブログ

「野菊の墓」文学碑・国府台合戦古戦場と矢切の渡し

20190708

この日:2019年6月28日に、所属する歴史クラブの「博物館に行こう」グループで訪問しました。この日の企画した行程は、市川市立歴史館・考古博物館・堀之内貝塚⇒矢切の渡し⇒寅さん記念館⇒柴又帝釈天です。

この日の早朝まで、関東には台風が襲来していたので、たぶん矢切の渡しは運航していないだろうと思っていたが、市川市立歴史館に居る時に電話してみたら、「大丈夫、運航してますよ」という返事だったので、喜んで市川市立歴史館・考古博物館・堀之内貝塚を見学してから、北総線で矢切駅に移動、駅の近くのファミレスで昼食・休憩の後、歩いて10分ほどの「野菊の墓」文学碑に向かいました。

【「野菊の墓」文学碑・国府台合戦古戦場
所在地:千葉県松戸市下矢切261
矢切を舞台にしている伊藤左千夫の純愛小説「野菊の墓」を記念して昭和40年に建立された文学碑で、伊藤左千夫の門人土屋文明の筆により、「野菊の墓」の 一節が刻まれています。

『野菊の墓』(のぎくのはか)は、伊藤左千夫の小説。1906年1月、雑誌「ホトトギス」に発表。
15歳の少年・斎藤政夫と2歳年上の従姉・民子との淡い恋を描く。夏目漱石が絶賛。左千夫の最初の小説である。

 『野菊の墓』は、10年余りがたったのちの政夫の回想で語られる物語。旧家の息子・政夫と手伝いにきた民子の間に生まれた幼い恋。
二人は親によって離される。政夫が寮に入れられ、その間に民子は周りに勧められた意に沿わぬ結婚をして、苦労の果てに亡くなってしまう。

私は、子供の頃モノクロの映画で見た記憶がある。「家」が中心で生きていた時代があったのだという証明のような作品だ。

「矢切駅」から住宅街を10分ほど歩いていくと、江戸川の河岸段丘の上に文学碑はあった。
道から上に上がる。
190708yagiri01.jpg


「野菊の墓」文学碑
190708yagiri02.jpg


190708yagiri03.jpg


文学碑の脇に、以前からこの辺にあったのであろう石仏も置かれていた。
190708yagiri04.jpg


野菊って、具体的に何?
というような説明も(笑)
190708yagiri05.jpg


また、「国府台合戦」の折に、ここが大変な激戦地であったという説明もあった。
こちらに興味津々であった。
190708yagiri06.jpg


190708yagiri07.jpg


文学碑のある上から、江戸川の河岸段丘を降りて江戸川に向かう。
190708yagiri08.jpg


手前の小川ににかかるあたりで、スカイツリーが見えた。
190708yagiri09.jpg


小川に架かる橋の欄干とスカイツリー。
190708yagiri10.jpg


反対側で、欄干のレリーフと川がベストマッチング。
190708yagiri11.jpg


小川の橋のたもとに、「野菊のような人」の碑があり。
190708yagiri12.jpg


190708yagiri13.jpg


江戸川の手前、柴又側に大きなタワーマンションが建っていて吃驚。
190708yagiri14.jpg


江戸川の堤防に到着。
190708yagiri15.jpg


190708yagiri16.jpg


堤防の上から、文学碑のあった河岸段丘を望む。
190708yagiri17.jpg


河原はゴルフ場になっていて、その間を矢切の渡しに向かう。
190708yagiri18.jpg


190708yagiri19.jpg


【矢切の渡し】
江戸川を挟んで矢切と東京都葛飾区柴又を結んでおり、現在も渡し舟が運航されている。
「房総の魅力500選」に選定されている[9]ほか、柴又帝釈天界隈とともに環境省の「日本の音風景100選」に選定されている。

この渡しは江戸時代初期に江戸幕府が地元民のために設けた利根川水系河川15ヶ所の渡し場のうちの一つであり、観光用途に設けられたものではない。かつては官営だったが、その後は民営となり、明治初期から杉浦家が船頭を務めて運営している。

この渡しが日本全国に有名になったのは、明治時代の伊藤左千夫の小説『野菊の墓』(1906年)によるところが大きい。現在、矢切にはこの小説の文学碑が建立されている。また、矢切の対岸の柴又を舞台とする映画『男はつらいよ』シリーズの作中にも、第一作で寅次郎が帰郷のため乗船する場面以降しばしば登場する。

運よく、ちょうど舟がこちらにやってきた。
190708yagiri20.jpg


190708yagiri21.jpg


皆乗り込んで、さあ出発。
しばらくは手漕ぎである。
190708yagiri22.jpg


真っ直ぐ対岸に向かえば、アッという間に着いてしまうが、しばらく上流に向かってから下り、或る程度舟に乗っている気分を味あわせてくれる、サービス満点。
190708yagiri23.jpg


金町浄水場の取水塔近くまで行ってくれた。
右側のトンガリ帽子のほうは、昭和16年に建設された。
190708yagiri24.jpg


その上流の橋は、水戸街道である。
190708yagiri25.jpg


ここから下りに転じた。
190708yagiri26.jpg


スカイツリーが見える。
190708yagiri27.jpg


柴又側の渡し場とスカイツリー。
190708yagiri28.jpg


柴又側の渡し場に接岸。
190708yagiri29.jpg


190708yagiri30.jpg


私たちが上陸すると、入れ替わりに松戸側に渡る人が乗っていく。
190708yagiri31.jpg


ここから私たちは、「寅さん記念館」に向かった。


「寅さん記念館」の記事を見る



「お気に入りの場所」一覧に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

「野菊の墓」って、読んだことがある人ってどの位、いるのでしょうね。ちなみに、私は読んだことがありません。知っているのは「野菊のような人」の碑に書かれていること位ですね。

また、映画は3本、撮影されているそうですが、いずれも観たこともありませんし。最新のものでも1981年製作のものですから、40年近く前のものですし。

それにしても、国府台合戦、敵味方合わせて、1万人以上でしょうから、大合戦だったのですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
「野菊の墓」を夏目漱石が絶賛したそうですが、
そういう時代だったのでしょう。
国府台合戦は、既存の勢力と小田原に起った
北条氏という新興勢力の闘いで、関東全域で
繰り広げられました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop