FC2ブログ

柴又帝釈天題経寺・内陣彫刻

20190719

所在地:東京都葛飾区柴又6丁目22番19号
訪問日:2019年6月28日

所属する歴史クラブの「博物館に行こう」グループで訪問しました。この日の企画した行程は、市川市立歴史館・考古博物館・堀之内貝塚⇒矢切の渡し⇒寅さん記念館⇒柴又帝釈天です。
市川市立歴史館・考古博物館・堀之内貝塚を見学してから、北総線で矢切駅に移動、駅の近くのファミレスで昼食・休憩の後、「野菊の墓」文学碑、矢切の渡し、寅さん記念館を経由してここに到着しました。

時間の関係で、ゆっくりと柴又帝釈天境内を見ることは出来ませんでした。
今回は、素晴らしい帝釈堂内陣の彫刻を紹介したいと思います。

二天門や大鐘楼堂にも素晴らしい彫刻があるのですが、それは以前ここを訪ねたときの記事を参照願います。

その記事を見る


二天門
190719taishaku01.jpg


帝釈堂
190719taishaku02.jpg


柴又帝釈天(しばまたたいしやくてん)は、東京都葛飾区柴又ある日蓮宗の寺院の通称である。正式名称は経柴山題経寺(きょうえいざんだいきょうじ)である。旧本山は大本山中山法華経寺。親師法縁。
概要:
江戸時代初期の寛永6年(1629年)に、禅那院日忠および題経院日栄という2名の僧によって開創された日蓮宗寺院である。18世紀末、9世住職の日敬(にっきょう)の頃から当寺の帝釈天が信仰を集めるようになり、「柴又帝釈天」として知られるようになった。帝釈天の縁日は庚申の日とされ、庚申信仰とも関連して多くの参詣人を集めるようになった。
近代以降も夏目漱石の『彼岸過迄』を始め、多くの文芸作品に登場し、東京近郊(当時は東京ではなかった)の名所として扱われた。20世紀後半以降は、人気映画シリーズ『男はつらいよ』の渥美清演じる主人公・車寅次郎(寅さん)ゆかりの寺として知られるようになる。年始や庚申の日(縁日)は非常に賑わい、映画『男はつらいよ』シリーズ制作中は、観光バスの団体客が大勢訪れた。
「柴又帝釈天」の通称で専ら呼ばれるところから、帝釈天が当寺の本尊と思われがちだが、日蓮宗寺院としての本尊は、帝釈堂の隣の祖師堂に安置する「曼荼羅」(中央に「南無妙法蓮華経」の題目を大書し、その周囲に諸々の仏、菩薩、天、神などの名を書したもの)である。また、当寺が柴又七福神のうちの昆沙門天にあたることから、「帝釈天=昆沙門天」と解説する資料が散見されるが、帝釈天と昆沙門天はその起源を全く異にする別々の尊格であり、柴又七福神の昆沙門天は、帝釈天の脇に安置される多聞天(別名毘沙門天)を指すと解される。

帝釈堂に上がり、内陣の彫刻を拝観します。

内陣外面の側面にそれぞれ3面、背面に4面、合計10面の胴羽目に法華経説話を彫刻してあります。
更に説話の上には天女の彫刻、床下面には花鳥の彫刻が施されている。
190719taishaku03.jpg


190719taishaku04.jpg


190719taishaku05.jpg


この彫刻は、大正11年に開始されたが、大正12年の関東大震災で素晴らしい大欅の彫刻材すべてを失い中断、昭和初年に再びふすま大の巨大な欅材を得て再開され、数年間境内の彫刻小屋にて当時の名人彫刻師10名が泊まり込み或は通いで完成させたもの。

1.灯供養図・序品/金子光清彫刻
190719taishaku06.jpg


190719taishaku07.jpg


190719taishaku08.jpg


2.三車火宅図・誓喩品/木嶋江運彫刻
190719taishaku09.jpg


190719taishaku10.jpg


190719taishaku11.jpg


3.慈雨等潤図・薬草喩品/石川信光彫刻
190719taishaku12.jpg


190719taishaku13.jpg


190719taishaku14.jpg


190719taishaku15.jpg


4.法師修行図・法師品/横谷光一彫刻
190719taishaku16.jpg


190719taishaku17.jpg


190719taishaku18.jpg


5.多宝塔出現図・見宝塔品/石川銀次郎彫刻
190719taishaku19.jpg


190719taishaku20.jpg


190719taishaku21.jpg


6.千裁給仕図・提婆達多品/加府藤正一彫刻
190719taishaku22.jpg


190719taishaku23.jpg


190719taishaku24.jpg


7.龍女成仏図・提婆達多品/山本一芳彫刻
190719taishaku25.jpg


190719taishaku26.jpg


190719taishaku27.jpg


8.病即消滅図・薬王菩薩本事品/今関光次彫刻
190719taishaku28.jpg


190719taishaku29.jpg


190719taishaku30.jpg


9.常不軽菩薩受難図・常不軽菩薩品 法華経功徳図・薬王菩薩本事品/小林直光
190719taishaku31.jpg


190719taishaku32.jpg


190719taishaku33.jpg


190719taishaku34.jpg


10.法師守護図・陀羅尼品/加藤寅之助彫刻
190719taishaku35.jpg


190719taishaku36.jpg


190719taishaku37.jpg


説話の上の天女の彫刻
190719taishaku38.jpg


190719taishaku39.jpg


木鼻の獅子
190719taishaku40.jpg


床下の龍の彫刻
190719taishaku41.jpg


床下の花鳥の彫刻
190719taishaku42.jpg


190719taishaku43.jpg


これで、内陣彫刻の拝観を終えて、帰途につきました。

門前町を通り
190719taishaku44.jpg


柴又駅前に来ると、以前来た時には無かった「さくら」の像がありました。
これが見たかった(嬉)
190719taishaku45.jpg


190719taishaku46.jpg


これで満足して、帰途につきました。



「お気に入りの場所」に飛ぶ




歴史クラブ行事一覧に飛ぶ






スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

ここ、以前に四季歩さんが書かれた時に、その内、行きたいと思ったのですが、すっかり、忘れていました。

それにしても、江戸時代では無くて、大正末期に彫られたものだったのですか。まだ、当時の人件費は大したことはなkった筈で、今だったら、これだけのものを彫るの、金銭的にも無理な感じがします。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
まだ宗教心が篤い時代だったから、
このようなものが可能だったのだと
思います。
ものすごいものです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop