FC2ブログ

熊野那智大社の狛犬

20190720

所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1 熊野那智大社参道
撮影日:2019年3月19日

熊野那智大社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は、社殿のある平地に上がる最後の石段下に居ます。
190720nachi01.jpg


年代:不明
材質:石造
型式:岡崎古代型


右側が阿形。タテガミが巻き毛なので獅子。角は無い、胸に鈴をつけている。
蹲踞している。
190720nachi02.jpg


190720nachi03.jpg


タテガミ、ほおヒゲ、あごヒゲが巻き毛。
耳を立て、太い眉が一文字、目は大きく、鼻は尖っている。
唇のたわみの大きい口を開き、丸い舌をのぞかせ、太い牙が目立つ。
表情はいかめしい。
190720nachi04.jpg


190720nachi05.jpg


左は吽形、タテガミが巻き毛なので獅子。角があり、胸に鈴をつけている。
蹲踞している。
190720nachi06.jpg


190720nachi07.jpg


190720nachi08.jpg


頭に角がある。
タテガミ、ほおヒゲ、あごヒゲが巻き毛。
耳を立て、太い眉が一文字、目は大きく、鼻は尖っている。
唇を閉じ、突き出た牙が長く鋭く怖い。
表情はいかめしい。
190720nachi09.jpg


190720nachi10.jpg


厚い胸を前に張り出し、筋肉質の長い前足で紙面を踏みしめている。
足の関節、筋肉を強調している。
胴は細長く、あばら骨が浮き、精悍な感じ。
前足、後足の走り毛が立派。
精悍で、威風堂々としている。
190720nachi11.jpg


190720nachi12.jpg


尾は立ち尾で、湾曲して背に当たってから立ち上がっている。
尾の形状は、中央に太く炎状に立ち上がり、両脇に大きな巻き毛が一つあり。
190720nachi13.jpg


190720nachi14.jpg



この狛犬は岡崎古代型といい、鎌倉初期の木造狛犬を模したもので、元の木造狛犬と比べ、前脚や胸板がより筋肉質となり、威厳のある風貌になっています。威嚇型の原型となっています。
木像を模しているので、タテガミ、足の走り毛、尾など細かな造形で見ごたえがある。
胸に鈴をつけているのが特徴で、ちょっと可愛い。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、鈴を付けている狛犬がいるのですね。鈴を付けていると言うことは飾りの一種だと思いますので、「チャウチャウ馬っ子」みたく綺麗に飾っていると言うことなのでしょうね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
狛犬として置かれていることもある、
「中国獅子」はリボンやら鈴やらを付けて
いますね。
その影響ではないかと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop