FC2ブログ

季節の花/カサブランカ、アガパンサス、姫扇水仙、半夏生、木槿

20190730

【カサブランカ】
撮影場所:自宅
撮影日:2019年7月21日

カサブランカ(学名: Lilium 'Casa Blanca')は、オランダで改良されたユリ科ユリ属の栽培品種の一つ。ヤマユリ、タモトユリ(ドイツ語版)などを原種とするオリエンタル・ハイブリッドの一品種。

なお、カサブランカはモロッコの都市の一つ。

純白の大輪の花を咲かせ「ユリの女王」と評される。日本での開花時期は6月 - 8月で、花の直径は20㎝にもなる。栽培は比較的難しいが、植付け1年目には開花することが多い。日本での植付け期は秋季の10月-11月。
190730hana01.jpg


190730hana02.jpg


190730hana03.jpg


190730hana04.jpg


【アガパンサス】
撮影場所:入間川サイクリングロード柏原地内
撮影日:2019年7月20日
アガパンサス属(アガパンサスぞく、Agapanthus)は、単子葉植物の属の1つで、南アフリカ原産。日本では園芸用に球根が販売される。
APG IIでは、ネギ科、ヒガンバナ科の姉妹群であるアガパンサス科としてキジカクシ目に含められていたが、APG IIIではアガパンサス亜科としてヒガンバナ科にまとめられている。クロンキスト体系ではユリ科、新エングラー体系ではヒガンバナ科に含められていた。
190730hana05.jpg


190730hana06.jpg


190730hana07.jpg


【ヒメオウギズイセン 姫扇水仙】
撮影場所:入間川サイクリングロード柏原地内
撮影日:2019年7月20日
アヤメ科ヒオウギズイセン属(クロコスミア属)の雑種。ヒオウギズイセン(英語版) Crocosmia aurea とヒメトウショウブ(スペイン語版) Crocosmia pottsii との交配種である[1][4]。園芸ではクロコスミア、または旧学名のモントブレチア[1]の名前でも呼ばれる。一般的に「ヒオウギズイセン」と呼ばれるワトソニア属(英語版) Watsonia の園芸品種群とは関係はないので、注意が必要である。また「金魚草」と呼ばれることもあるが、キンギョソウとは異なる。
葉は剣状、60cmから150cm。
花茎から穂状花序を分枝し、各々にオレンジ色の花を付ける。花期は7〜8月。
190730hana08.jpg


190730hana09.jpg


190730hana10.jpg


190730hana11.jpg


【ハンゲショウ 半夏生、半化粧】
撮影場所:入間川サイクリングロード柏原地内
撮影日:2019年7月20日
学名…Saururus chinensis
別名…ハンゲショウ(半化粧、半夏生)、カタシログサ(片白草)
科名…ドクダミ科
属名…ハンゲショウ属
原産国…日本、中国、フィリピン
花色…白
草丈…50cm~120cm
190730hana12.jpg


190730hana13.jpg


190730hana14.jpg


190730hana15.jpg


【ムクゲ 木槿】
撮影場所:入間川サイクリングロード柏原地内
撮影日:2019年7月20日
ムクゲ(木槿、学名: Hibiscus syriacus)はアオイ科フヨウ属の落葉樹。別名ハチス、もくげ。庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせない花である。
和名は、「むくげ」。「槿」一字でも「むくげ」と読むが、中国語の木槿(ムーチン)と書いて「むくげ」と読むことが多い。また、『類聚名義抄』には「木波知須(きはちす)」と記載されており、木波知須や、単に波知須(はちす)とも呼ばれる。『万葉集』では、秋の七草のひとつとして登場する朝貌(あさがお)がムクゲのことを指しているという説もあるが、定かではない。白の一重花に中心が赤い底紅種は、千宗旦が好んだことから、「宗丹木槿(そうたんむくげ)」とも呼ばれる。
中国語では「木槿/木槿」(ムーチン)、韓国語では「무궁화」(無窮花; ムグンファ)、木槿;モックンという。英語の慣用名称の rose of Sharon はヘブライ語で書かれた旧約聖書の雅歌にある「シャロンのばら」に相当する英語から取られている 。
樹高3〜4mくらいのものが多く、庭木や街路樹、公園などに広く植えられている。
夏から秋にかけて白、紫、赤などの美しい花をつける。花期は7〜10月。花の大きさは径5〜10cm、花芽はその年の春から秋にかけて伸長した枝に次々と形成される。白居易の詩の誤訳から一日花との誤解があるが、2日以上咲いていることがある。朝花が開き、夕方にはしぼんでしまうものもあるが、そのまま翌日も開花し続ける場合もある。ムクゲはフヨウと近縁であり接木が可能。
190730hana16.jpg


190730hana17.jpg


190730hana18.jpg


190730hana19.jpg




「季節の花」記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

カサブランカと言えば、やはり、思い出すのは、インブリッド・バークマンの出演作「カサブランカ」で、あの映画で描かれていたカサブランカの町は白黒映画のせいかもしれませんが、街が白かった記憶があります。

似たような花でヤマユリがありますが、両者を比較すると、ヤマユリの方が好きです。本日(7/31)、御岳山に行きましたが、レンゲショウマはほとんど咲いていないのに、ヤマユリは最盛期だったのには驚きました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私は、バラでもツツジでも好きなのは白い花で、
当然ユリも純白のカサブランカが好きです。
レンゲショウマ、今年は撮りにいきたいのですが、
どうなんでしょうか。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop