FC2ブログ

高田富士浅間神社の狛犬

20190809

所在地:東京都新宿区西早稲田三丁目5-43 水稲荷神社内高田富士登り口
撮影日:2019年7月15日

「高田富士」については、既に記事があります。

その記事を見る


この日は「富士祭り」と云って、年に2日しかない富士塚「高田富士」に登れる日です。
正門入り口の石段を上がり、少し進むと、右側に「高田富士」の入り口があり、この日は年に二日しかない登れる日です。
190809takada01.jpg


今回の狛犬は、高田富士の登り口にある浅間神社の狛犬です。
左側が浅間神社。
190809takada02.jpg


190809takada03.jpg


浅間神社の前に、今回の狛犬が居ます。
190809takada04.jpg


年代:安永9年(1780)
材質:石造
型式:宝珠・角型

右側の阿形獅子。頭に宝珠を載せている。蹲踞。
190809takada05.jpg


190809takada06.jpg


190809takada07.jpg


・右は口を開き阿形、たてがみが巻き毛で獅子。頭に宝珠を載せている。
・耳は聞き耳を立て、眉は横に真っ直ぐ巻き毛が並ぶ。顎鬚は直毛。
・鼻が高く尖り、目は横長で奥目。
・口は大きく開き、たわみが大きい唇の中、乱杭歯が並び、牙は目立つ。
190809takada08.jpg


190809takada09.jpg


左側の吽形獅子。頭に角がある。蹲踞。
190809takada10.jpg


190809takada11.jpg


190809takada12.jpg


・左は口を閉じ吽形、たてがみの巻き毛が大きい、獅子。頭に角がある。
・耳は聞き耳を立て、眉は横に真っ直ぐ。顎鬚は直毛。
・鼻が高く尖り、目は横長で奥目。
・口は閉じ、たわみが大きい唇の中、歯を噛み締めている。牙はわかる。
190809takada13.jpg


190809takada14.jpg


・前足は、指と爪が大きく鋭い。足首の前に毛の表現。付け根に炎のような立派な巻き毛の表現。
・後足は蹲踞。走り毛は炎のような立派な巻き毛。爪先まで毛が覆っている。
190809takada15.jpg


190809takada16.jpg


・尾は、立っていて、根元中央に大きな巻き毛。左右に二つずつ巻き毛。そこから大きく炎が立っている。
190809takada17.jpg


190809takada18.jpg


普段、人目の付かない所にこのような立派な狛犬があって、吃驚した。
江戸時代当時の、富士講が盛んであった、一つの証でもある。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

ううん、この狛犬、どこかで見た形のものですね。玉が残っているので極めて保存状態が良いと思ったのですが、顔をよく見ると、かなり経年変化があるように見えます。また、コケが少し、生えているのはちょっと残念です。

それにしても、来年辺り、行きたいです。本当は山開きの日に開放してくれれば、忘れずに行けるのですが。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
宝珠・角型は、江戸時代にかなり流行した型で、
都内にはずいぶんとあります。
金王八幡、築土神社、白山神社、品川神社、
十二社熊野神社などですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop