FC2ブログ

季節の花/仙人草、長葉水葵

20190813

今日のウォーキングは智光山公園で行ったが、昨日までと比べると、ちょっと気温が低くて歩きやすかった。

【センニンソウ 仙人草】
撮影場所:埼玉県狭山市緑化植物園
撮影日:2019年8月13日

センニンソウ(仙人草、学名:Clematis terniflora DC.[1])は、キンポウゲ科センニンソウ属に分類されるつる性の半低木(木質の多年草)の1種。属名(Clematis)は「若枝」を意味し、種小名(terniflora)は「3枚葉の」を意味する。和名は痩果に付く綿毛を仙人の髭に見たてたことに由来する。別名が「ウマクワズ(馬食わず)」、有毒植物で馬や牛が絶対に口にしないことを意味する。
茎は長く伸び多岐に分かれて、直径約7 mmの円柱形、緑色で無毛。葉は羽状複葉、小葉は3-7枚(多くは5枚)、ほぼ卵形、先は細まり鈍角、先端が小さく突出し、無毛、長さ3-5 cm[7]。しばしば下部の小葉は2-3片に切れ込むが鋸歯はない。葉柄は曲がりくねって他の物に絡むつる性。枝の先端と葉腋から3出集散状の花序を出し多数の花を付け、しばしば全体として大きな円錐形となる。白色の花は直径2-3 cmで、上を向いて全開する。萼片は4枚(白い花弁のように見えるものは萼片で花弁はない)、倒披針形で、円頭-鋭尖頭、縁に細い毛を密生する。雄蕊は無毛で多数、雌蕊も多数ある。開花時期は8-9月頃。赤褐色の痩果は、長さ7 mmの楕円状卵形で縁は隆起する。花柱は長さ2.5-3 cmで、銀白色の長い毛を密生し、長い羽毛状、宿存し花期後も落ちない。
190813hana01.jpg


190813hana02.jpg


190813hana03.jpg


190813hana04.jpg


【ナガバミズアオイ 長葉水葵】
撮影場所:埼玉県狭山市智光山公園
撮影日:2019年8月13日

ナガバミズアオイはミズアオイ科ポンテデリア属の栽培種。
水生の多年草。泥の中に根を出す。栄養茎は短く、根茎をもつ。花茎は直立し、長さ120㎝以下。無柄の葉の葉身は線形。有柄の葉は水上に出る(抽水)。托葉は長さ7~29㎝。葉柄は葉身のすぐ下でくびれ、長さ60㎝以下。葉身は披針形~心形、長さ6~22㎝×幅0.7~12㎝。穂状花序は数百個の花をもち、長さ2~15㎝。仏炎苞は長さ5~17㎝。
花被は藤色(mauve)、まれに白色、筒部は長さ3~9㎜、拡大部の花被片は倒披針形、長さ5~8㎜、上部の中央裂片は2裂し、黄色の斑点がある。下部の雄しべは長さ7~13㎜。上部の雄しべは長さ1.5~6.3㎜。花柱は3裂。果胞( utricle)は歯状のうねをもち、長さ4~6㎜×幅2~3㎜。花期は(3)6~11月。
190813hana05.jpg


190813hana06.jpg


190813hana07.jpg


190813hana08.jpg


190813hana09.jpg




「季節の花」記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

いやあ、相変わらず、猛暑が続いていますね。例年ですと、1週間続くと、その後は多少、良くなるのですが、ずっと、35℃位の日が続いています。

夏は地味な感じの花が多いですよね。四季歩さんが撮られた上記の写真の花も白や薄い青色ですし。強烈な色のものは、ヒマワリ、ダリアでしょうか。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
ほんとうに暑いですね。
昨日から少し気温が下がったような気がしますが、
それでも少しウォーキングすると、けっこうな汗
ですね。
私は、もともと白い花が好きで、強烈な色の花は
避けてしまう傾向があります。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop