FC2ブログ

小野照崎神社

20190815

鎮座地:東京都台東区下谷2-13-14
参拝日:2019年7月15日、7月26日
主祭神:小野篁、菅原道真

JR鶯谷駅から歩いて6、7分のところにあります。

入口の鳥居
190815onoteru01.jpg


190815onoteru02.jpg


190815onoteru03.jpg


社格等:村社
由緒:
小野篁を主祭神とし、相殿に菅原道真を祀る。
852年(仁寿2年)この地の住民が上野照崎の地に小野篁を奉斎したのが起源と伝わる。寛永年間(1624年-1643年)、寛永寺の建立のため幕府より移転を命じられ、現社地に遷座した。江戸末期、回向院より菅原道真自刻と伝わる像を迎えて相殿に祀り、「江戸二十五天神」の一つに数えられた。樋口一葉の「たけくらべ」に「小野照さま」の名で出ている。

当社の御祭神である小野篁命は、平安時代の初期〜中期を生きた、実在の人物です。
国の中枢でその才を発揮した「学問の神」であり、漢詩、和歌、書道、絵画等、多彩なる感性で平安文化の大廈となり礎となった「芸能の神」、そして圧倒的な行動力とその手腕から「仕事の神」として、数々の逸話と共に広く信仰されている。

鳥居脇に、ちょっと窮屈に収まった、大正11年(1922)奉納の狛犬が居る。
190815onoteru04.jpg


190815onoteru05.jpg


190815onoteru06.jpg


190815onoteru07.jpg


手水舎
190815onoteru08.jpg


190815onoteru09.jpg


拝殿前に進むと、拝殿に真っ直ぐ向かう別の入り口があり、こちらが正門かと入り直した。
こちらには、神橋があり。
190815onoteru10.jpg


拝殿
190815onoteru11.jpg


拝殿前には、明和元年(1764年)奉納の、「宝珠・角型」狛犬が居る。
190815onoteru12.jpg


190815onoteru13.jpg


190815onoteru14.jpg


190815onoteru15.jpg


拝殿の屋根は、千鳥破風と唐破風の二重の破風となっている。
190815onoteru16.jpg


向拝柱まわりの彫刻
190815onoteru17.jpg


向拝中備えの彫刻
190815onoteru18.jpg


社額
190815onoteru19.jpg


拝殿の中は、ガラス戸が閉まっており、よく見えなかった。
190815onoteru20.jpg


本殿
190815onoteru21.jpg


神紋は、「右三つ巴」と「梅鉢」
190815onoteru22.jpg


社務所の屋根にも、獅子の飾り瓦があった。
190815onoteru23.jpg


190815onoteru24.jpg


190815onoteru25.jpg


社殿の横に「下谷坂本の富士塚」がある。
190815onoteru26.jpg


190815onoteru27.jpg


1828年(文政11年)建造。
1979年(昭和54年)には「下谷坂本の富士塚」(したやさかもとのふじづか)として、重要有形民俗文化財に指定されている。毎年富士山の開山に合わせて6月30日と7月1日に一般の登拝ができる。
富士山に誰もが行けるわけではなかった時代、その霊験あらたかな姿を伝えるべく作られた直径は約15m、高さ約6mのミニチュアの富士山。一合目から順に十合目まで記されており、南無妙法と書かれた石碑や修験道の開祖である役小角の尊像も残る等、神仏習合の名残が見て取れます。

入口には、神猿が居る。
190815onoteru28.jpg


富士塚
190815onoteru29.jpg


境内末社に参拝

〇御嶽神社
〇三峰神社
190815onoteru30.jpg


社殿前には、狛狼が居る。
190815onoteru31.jpg


190815onoteru32.jpg


190815onoteru33.jpg


社殿
190815onoteru34.jpg


〇稲荷神社
〇織姫神社
190815onoteru35.jpg


明治十五年修成の狛狐
190815onoteru36.jpg


190815onoteru37.jpg


190815onoteru38.jpg


社殿
190815onoteru39.jpg


境内に、日本三大庚申の一つという庚申塚があります。
御祭神:猿田彦命
190815onoteru40.jpg


190815onoteru41.jpg


現在11基の塔が祀られており、江戸前期の庚申塔が8基あるそうですが、最古のものは「正保二年(1647年)の作」であり、青面金剛の塔は大阪四天王寺と同作の霊像と云われ、聖徳太子作と伝えられている。
日本三庚申とは、京都の金剛寺(八坂庚申堂)、大阪の四天王寺庚申堂、東京の入谷庚申堂だと言われている。

江戸名所図会「入谷庚申堂」
「喜宝院に安ず。摂の四天王寺の青面金剛と同作の霊像となりといへり。」とあり、この青面金剛は四天王寺庚申堂のものと同作と書かれている。
ただ「喜宝院に安ず」ということで喜宝院はないので入谷庚申堂は消滅しているものと思われます。
190815onoteru42.jpg


青面金剛文字塔
190815onoteru43.jpg


190815onoteru44.jpg


塔の前には神猿が居る。
190815onoteru45.jpg


青面金剛文字塔も含めて11基の庚申塔の詳細については、「庚申塔探訪」の記事にて説明します。
190815onoteru46.jpg


(了)


「神社巡拝」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おお、ここ、最近は富士塚の山開きの時にしか行かないので、境内には沢山の人達がおり、狛犬が沢山、いるの、忘れていました。

浅草に行く時に、このそばを通りますし、また、年始の七福神巡りの前の年末辺りに七福神巡りを行うと思いますので、その時にでも寄ろうと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私は逆に山開きには来たことが無いので、
来年は必ず来ようと思っています。
ここは、見どころがたくさんありますので、
楽しいと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop