FC2ブログ

御嶽山の花/レンゲショウマ、ヤマアジサイ、ヤマトリカブト

20190823

【レンゲショウマ 蓮華升麻】
撮影場所:御嶽山富士峰園地
撮影日:2019年8月21日

キンポウゲ科、レンゲショウマ属の多年草。
花が蓮に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられた。
花茎の下部に茎葉と根出葉がある。葉は二-四回三出複葉で、小葉は卵形、あらい鋸歯を持つ。
高さは80センチ程度となり、丸い蕾をつける。赤みを帯びた光沢のある薄紫の上品で気品あふれる花が、様々な方向を向いて咲く。花の直径は4センチほど。萼も花弁も共に花弁状に見える。萼は花弁状で平らに開き、花弁は抱えるように咲くため、一見では二段構えに花弁が並んでいるように見える。
花が咲くまで、5~7年かかる。
190823mitake01.jpg


外側は「がく 萼」、内側にあるのが「花びら」。「がく」が傘の役目をして、花粉を雨から守っている。
190823mitake02.jpg


一つの株にたくさんの蕾がついているが、いっぺんに咲かない。咲く時期をずらすことで悪天候に備えているみたいだ。
190823mitake03.jpg


「カメバヒキオコシ(?)」の蕾と一緒に。
190823mitake04.jpg


気に入った写真を並べます。
190823mitake05.jpg


190823mitake06.jpg


190823mitake07.jpg


190823mitake08.jpg


190823mitake09.jpg


190823mitake10.jpg


190823mitake11.jpg


190823mitake12.jpg


190823mitake13.jpg



【ヤマアジサイ】
撮影場所:御嶽山富士峰園地
撮影日:2019年8月21日

アジサイ科アジサイ属の1種である。山中で沢によく見られることから、サワアジサイとも呼ばれる。
ただし、独立した種として認めず、アジサイ Hydrangea macrophylla(種としてのアジサイ、ガクアジサイ)の亜種 Hydrangea macrophylla subsp. serrata などとする説もある。
ガクアジサイと比べ、花の色が多様性に富む。花序は直径7–18センチ、装飾花は直径1.7–3センチ[3]。葉質は薄く光沢がなく、小さく(6.5–13センチ)、長楕円形・楕円形・円形など形はさまざまである。枝は細く、樹高1メートル程度である。
190823mitake14.jpg


190823mitake15.jpg


190823mitake16.jpg



【ヤマトリカブト 山鳥兜】
撮影場所:御嶽山・武蔵御嶽神社参道
撮影日:2019年8月21日

やまとりかぶと(山鳥兜) キンポウゲ科 分類:草 学名:Aconitum japonicum
和名の由来は、花の形を舞楽の時にかぶる鳥兜にたとえたものである。
また、山地に生える鳥兜なので山鳥兜(ヤマトリカブト)とされた。
全草に猛毒のアルカロイドを含み、世界最強といわれる有毒植物である。
鮮やかな青紫色をした兜形の花をたくさんつける。
花びらのように見えるのは5枚の萼片である。
190823mitake17.jpg


190823mitake18.jpg


190823mitake19.jpg


190823mitake20.jpg




「季節の花」記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おつ、御岳山、行かれたのですね! 8/21(水)だとレンゲショウマの撮影としては、やや、遅い感じがしますが、結構、咲いていたようで良かったです!

トリカブトは参道の途中で、右側が斜面の所に咲いているものですが。毎年、同じ場所で、トリカブトの花、見かけますので。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
もっと早く行きたかったのですが、やれ台風だとか、
天候が不順で行けませんでした。
ようやく落ち着いたなと思ったので飛んでいきました。

トリカブトは、たぶんその場所です。
何かわからずに、とりあえず撮っておいて、調べたら
驚きました(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop