FC2ブログ

「日本のよろい」展/東京国立博物館

20190918

このテーマに魅かれて、9月12日に行ってきました。

手に入れたチラシに、「日本のよろい、すみからすみまで大解剖」とあったので、この際「よろい」の勉強をしようと。
190918yoroi01.jpg


会場は本館。
190918yoroi02.jpg


展示は二階の一室でした。
190918yoroi03.jpg


展示室
190918yoroi04.jpg


入口に置いてある兜は、誰でもかぶることが出来、特に外人さんは大喜びでかぶっていた。
190918yoroi05.jpg


鎧の種類
190918yoroi06.jpg


〇基本的なサンプル「金小札紅糸中白威腹巻(きんこざねべにいとなかじろおどしのはらまき)」
伝統的なスタイルの腹巻で、肩を守る大袖、胸を守る杏葉(ぎょうよう)、のどを守る喉輪がそろっている。小札(こざね)の表面に金を薄く延ばした金箔を貼り、紅色と白色の紐を組み合わせて威(おど)して(つなぎ合わせて)おり、金・紅・白のはなやかな色の組み合わせが目を引きます。
190918yoroi07.jpg


190918yoroi08.jpg


〇最小単位の「小札(こざね)」と、それを組み合わせる「威(おどし)」
190918yoroi09.jpg


190918yoroi10.jpg


190918yoroi11.jpg


変わった形の「小札」
190918yoroi12.jpg


〇長側(なががわ)
「長側」は、よろいの胴をかたちづくる「札板」です。弓を射るときに敵の方に向ける胴の左側を隙間なく守り、開いている右側は脇楯(わいだて)という部品でふさぐ。
190918yoroi13.jpg


〇よろいの部分名称
190918yoroi14.jpg


〇草摺(くさずり):腰のまわりを守る部分
銅の下につくスカートのような部分で、腰のまわりを守ります。これは胴丸または腹巻のものです。足の動きを邪魔しないよう、細長い形になっている。
190918yoroi15.jpg


〇喉輪(のどわ):喉を守る部品
首に着けてのどを守る部品で、主に南北朝から室町時代ににかけて、胴丸や腹巻と組み合わせて使われた。
U字形をした鉄製の本体に二段の札板がついている。
190918yoroi16.jpg


〇大袖:肩を守る部品
両肩に着けて肩を守る部品。札板を緑色の威毛(紐)で全体を威して(つなぎ合わせて)、冠板と化粧板を革で飾り、赤い紐を付けている。
190918yoroi17.jpg


〇金物
190918yoroi18.jpg


190918yoroi19.jpg


190918yoroi20.jpg


〇金物「兜」
兜の金属パーツ
190918yoroi21.jpg


〇紫裾濃威筋兜(むらさきすそごおどしのすじかぶと)
江戸時代・18世紀
古い時代のものをモデルに江戸時代に作られた。頭にかぶる兜鉢に筋をあらわし、正面には鍬形と大きな龍を飾って身分の高さと勇ましさを表している。首まわりを守る𩊱(しころ)には紫の威毛(紐)を使い、裾に向かってだんだん色が濃くなるように威している。
190918yoroi22.jpg


190918yoroi23.jpg


190918yoroi24.jpg


〇仁王胴具足
安土桃山時代・16世紀
仏像の仁王をイメージさせる胴を持つ当世具足。胴は鉄板を打ち出して、たくましい肉体を表現。兜は馬の毛を使って髷の付いた髪型を表現し、顔面を守る「面頬」は恐ろしい顔つきをしている。
190918yoroi25.jpg


190918yoroi26.jpg


190918yoroi27.jpg


190918yoroi28.jpg


〇肩上(かたがみ):よろい(当世具足)の肩にかける部品
肩上と押付板(背中の部品)の金物。本体は鉄で、表面に漆を塗って錆びを防いでいる。桐の文様を彫刻した飾りの金具や覆輪(ふちどり)は、金メッキした銅製です。
190918yoroi29.jpg


〇立挙(たてあげ):よろい(大鎧)の胸の部分
平安時代末期の大鎧がモデル。小札には並札を用い、胴の正面には獅子や花の文様がある「弦走」という鹿革を張っている。これは矢を射る時に弓の弦が小札に引っかからないための工夫で、大鎧だけの特徴。
190918yoroi30.jpg


きれいな金メッキの金具
190918yoroi31.jpg


〇半首:顔を守る部品
表面に文様のある鹿革を貼り、周囲に銅製の覆輪(ふちどり)をつけたもの。
右から製造の段階を示す。
①鉄板を打ち出して形を作り、周囲に銅製の金具を付ける。
②漆と下地を塗り、金具を金メッキする。
③獅子や花の文様がある鹿革を、表面に貼る。
190918yoroi32.jpg


あとでまわった、本館の別の場所で、畠山重忠の甲冑のレプリカが置かれていた。

〇模造 赤糸威鎧/小野田光彦作
東京青梅の武蔵御嶽神社の赤糸威鎧(国宝)の模造。昭和12年に小野田光彦らによって完成。
原品は畠山重忠奉納と伝えられ、平安時代後期の完備した大鎧の形式を伝えている。札(さね)の黒漆、威の赤糸、金物のメッキなど当初の美しい姿が復元的に理解できる。
190918yoroi33.jpg


190918yoroi34.jpg


190918yoroi35.jpg


190918yoroi36.jpg


190918yoroi37.jpg


190918yoroi38.jpg


今回、この展示が見たくて来たのだが、来てみると他にも、「奈良大和四寺のみほとけ」(撮影禁止)、「高円宮コレクション・根付」、「松方コレクション・浮世絵」、という企画展があり、刀剣と鍔の展示も目を見張るものがあった。

撮影禁止の展示以外は、順次紹介したい。



「お気に入りの場所」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

東京国立博物館も少しでも観客を増やそうとして、頑張っていますね。ここには正倉院展を行うまで行くつもりは無かったのですが、来週あたり、都立美術館に行かねばならないので、その後にでも寄ってみようと思います。常設展用の年間パスポートを持っていますので。

matsumoさん

私も行って見て、ビックリしました。
小さい規模ながらも、色々な面白い
催しが多くて、これからが楽しみです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop