FC2ブログ

根津・千駄木散歩

20190929

9月15日に、歴史クラブの企画で散歩しました。
190929nesen01.jpg



地下鉄南北線の「東大前」駅で下車。
直ぐ近くの、東大農学部入り口にある「帰って来たハチ公」を見に行きます。

【帰って来たハチ公像】
飼い主の故上野英三郎博士に飛び付く姿の銅像が、日本に農業土木学を創設した博士の没後九十年にあたる、
2015年3月8日に除幕式が行われた。

東大農学部正門
190929nesen02.jpg


「帰って来たハチ公」像
190929nesen03.jpg


190929nesen04.jpg


それから、願行寺、聖テモテ協会の前を通って、根津神社に向かいました。
根津神社に着く直前に坂を降りたが、それは森鴎外ゆかりの新坂(権現坂・S坂)だった。
190929nesen05.jpg


説明を見てから、振り返って撮った(汗)
190929nesen06.jpg


【根津神社】
正門の大鳥居
190929nesen07.jpg


随神門
190929nesen08.jpg


ここは、既に「根津神社つつじ祭り・権現太鼓」という記事を書いています。

その記事を見る


拝殿(以前撮った写真)
190929nesen09.jpg


境内の「乙女稲荷」の鳥居列をくぐった。
190929nesen10.jpg


ここで、ちょっと早目の昼食。
不忍通りに出ると、たくさんの飲食店があるのだが、収容数が限られているため、分散しての食事。

最集合して、へび道を通って、千駄木に向かいました。

【へび道】
へび道に入ると、「くねくね道」だよと、道路標識。
190929nesen11.jpg


何のお店かしらないが、ボートを立てて看板にしている(驚)
190929nesen12.jpg


たしかに「くねくね」です。
190929nesen13.jpg


190929nesen14.jpg


亀の子束子のお店発見!
190929nesen15.jpg


こちらは、トートーバッグ専門店。
190929nesen16.jpg


まだ、くねくねは続く(笑)
190929nesen17.jpg


団子坂からさんさき坂に続く道に出て、へび道は終わる。
指人形笑吉さんに予約を入れてあり、ちょっと時間があったので、谷中小に寄った。
190929nesen18.jpg


190929nesen19.jpg


190929nesen20.jpg


【指人形笑吉】
指人形笑吉工房は工房兼アトリエであり、主宰である露木光明によって指人形が制作されている。笑吉とはにっこりと笑ったおじいさんの指人形で、一体一体細かな表情が異なる。アトリエ内では指人形劇や人形による似顔絵描きなど楽しいパフォーマンスも実施(各パフォーマンスは有料)している。
190929nesen21.jpg


何度か来ているが、ここの人形はとても楽しい。
190929nesen22.jpg


190929nesen23.jpg


190929nesen24.jpg


指人形劇場を予約してあり、それまで少し時間があったので、人形による似顔絵描きを誰かしてもらおうということになり、参加メンバーの一人が描いてもらうことになった。

人形劇をするステージで、スダレの向こうから対象を見つつ、人形を操作して絵を描いていく。
190929nesen25.jpg


お店をのぞきに来た、小さな女の子が興味津々。
190929nesen26.jpg


似顔絵は、筆を持ち替えて彩色にかかる。
190929nesen27.jpg


見事に、そっくりに描いてもらった似顔絵。
190929nesen28.jpg


人形劇は、撮影禁止のため紹介出来ないが、抱腹絶倒の楽しいもので、皆さん大いに満足していた。

【森鴎外記念館】
文京区千駄木は、鴎外がその半生を過ごした地です。記念館が建つ場所は、鴎外の旧居「観潮楼」の跡地で、鴎外は1892(明治25)年から、亡くなる1922(大正11)年までここで過ごしました。
小説家、戯曲家、評論家、翻訳家、陸軍軍医と、いくつもの顔をもつ鴎外は、その業績から傑出した才能は明らかですが、文化人たちとの交流からも人間鴎外の大きさを知ることができます。
190929nesen29.jpg


私は企画展はパスして図書室で、復刻本ではあるが、当時の装丁を再現した、あの頃の作家の本をいろいろと眺めて楽しんだ。

踊り場の休憩スペースからの銀杏の木。とてもいい形をしている。
190929nesen30.jpg


森鴎外記念館横の、「薮下通り」入り口にある「夢」という彫刻。
森鴎外の「舞姫」にちなむ、一色邦彦氏制作のもの。
190929nesen31.jpg


ここで解散として、参加者は思い思いに帰ることになった。
千駄木駅に向かう道筋にある「あめんどろや」というお店が、最近テレビで取り上げられたので、寄る人が多かった。「芋蜜」の専門店としては、日本で唯一のお店である。
安納芋を使っているので、大学芋にしてもとても美味しい。

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

へび道やその延長の地蔵通り商店街の通り、先日も通ったばかりですが、谷田川通りと言う名前の通り、第二次世界大戦辺りまでは、染井墓地辺りを水源とする谷田川が流れていた所を暗渠にしたものです。昔は極めて綺麗な水が流れていたそうで、藍染めなんかも行われていたそうで、今も藍染めに関係する店もありますね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
やはり、そうですよね。
しかし、くねくねと曲がっていますよね(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop