FC2ブログ

小野照崎神社境内・稲荷神社の狛狐

20191001

所在地:東京都台東区下谷2-13-14小野照崎神社境内・稲荷神社前
撮影日:2019年7月15日

小野照崎神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛狐は、境内にある稲荷神社前に居ます。
一つの社殿に、稲荷神社と織姫神社が合祀されている。
191001onoteru01.jpg


年代:不明(明治15年修成)
材質:石造
型式:他眷属型-狐

今回の狛狐は、宙を飛んで着地した瞬間みたいな躍動的な姿である。
その代わり、普通狛狐は物を咥えたり持ったりしているが、そういうものは皆無。
191001onoteru02.jpg


右の狛狐
口を閉じており、吽形。
跳んで、いま着地したばかりというような体勢。後ろを振り返っている。
どこも丸っこい造形だが、躍動的である。
191001onoteru03.jpg


191001onoteru04.jpg


聞き耳を立て、注意深く見つめている。
表情は穏やか。
191001onoteru05.jpg


191001onoteru06.jpg


左の狛狐
口を開いており、阿形。
跳んで、いま着地したばかりというような体勢。
どこも丸っこい造形だが、躍動的である。
191001onoteru07.jpg


191001onoteru08.jpg


聞き耳を立て、注意深くこちらを見つめている。
表情は威嚇的。
191001onoteru09.jpg


191001onoteru10.jpg


丸く長いい尾は、弓なりに後ろに延びている。
191001onoteru11.jpg


最初に造立された年代は不明だが、修成されたのは明治15年。
191001onoteru12.jpg



通常の狛狐は蹲踞した体勢だが、今回の狛狐は、跳んで、いま着地したばかりというような体勢の狛狐であり、
早稲田の水稲荷神社に続き二例目。
実に躍動的。
表情は、思慮深い感じで好感が持てる。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

ああ、ここ、織姫神社でもある訳ですね。道理で、お山開きに行った時に、七夕飾りがあったことを思い出しました。

ここの狐、躍動的で良いですよね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
狛狐も、見ていくと色々な形があって、
実に面白いです。
どんどん回りたいですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop