FC2ブログ

報徳二宮神社

20191016

所在地: 〒250-0014 神奈川県小田原市城内8−10
参拝日:2019年9月27日

歴史クラブの「博物館に行こう」グループの企画で神奈川県立生命の星・地球博物館を訪ねた後、小田原駅まで戻り、そこから小田原城址公園のお堀沿いに15分ほど歩いて到着。
下図で左上が報徳二宮神社。
191016sontoku01.jpg


お堀端の道は気持ちがいい。
191016sontoku02.jpg


入口の木造両部鳥居に到着。
この鳥居は創建120周年記念事業として、平成29年(2017)に、かって小田原城主が植えたとされる辻村山林の樹齢300年の大杉をご用材として、3年の歳月をかけて作られたもの。
191016sontoku03.jpg


社格等: 県社・別表神社
創建: 明治27年(1894年)
主祭神: 二宮尊徳翁

気持ちのいい参道を進む。
191016sontoku04.jpg


神社境内入り口の石段に到着。
191016sontoku05.jpg


境内図
191016sontoku06.jpg


明治27年(1894)4月、二宮尊徳翁の教えを慕う6カ国(伊豆、三河、遠江、駿河、甲斐、相模)の報徳社の総意により、翁を御祭神として、生誕地である小田原の、小田原城二の丸小峰曲輪の一角に神社が創建されました。明治42年本殿・幣殿を新築、拝殿を改築し、神宛を拡張し現在の社地の景観をを整えました。平成6年(1994)には創建百年記念奉告祭を斎行して今日に至っています。

石段の脇には、見事な大木が。
191016sontoku07.jpg


191016sontoku08.jpg


石段を上がり、鳥居をくぐる。
191016sontoku09.jpg


二宮尊徳翁像が迎える。
兵庫県西宮市報徳学園創立100周年記念として彫刻家 南部祥雲氏に依頼作成された「二宮尊徳翁立像」10体の内1体です。
平成21年11月23日に、前報徳学園理事長 故 大谷勇氏より寄贈されたもの。
191016sontoku10.jpg


191016sontoku11.jpg


191016sontoku12.jpg


参道が続く。
191016sontoku13.jpg


手水舎
191016sontoku14.jpg


大正5年(1916)奉納の狛犬が迎える。
191016sontoku15.jpg


191016sontoku16.jpg


191016sontoku17.jpg


191016sontoku18.jpg


191016sontoku19.jpg


銅鳥居
191016sontoku20.jpg


二宮金次郎像
"薪を背負って歩きながら本を読む"金次郎の姿が初めて登場したのは明治24年(1891)に出版された幸田露伴の『二宮尊徳翁』という本の挿絵でした。当神社にある少年像は昭和3年、昭和天皇即位御大 礼記念として神戸の中村直吉氏より寄進されたブロンズ像。製作者は三代目慶寺丹長。これと同じ像は、全国の小学校に向けて約一千体制作されましたが、戦時中全て供出に遇い、現在残っているのは、この一体だけです。尚、この像は当時のメートル法普及の意図を反映してちょうど1メートルの高さに制作されています。
191016sontoku21.jpg


191016sontoku22.jpg


191016sontoku23.jpg


拝殿
明治42年本殿・幣殿を新築、拝殿を改築し、神苑を拡張して現在の社地の景観を整えた。
拝殿礎石は天保の大飢餓の際、藩主大久保公の命により尊徳翁が小田原城内の米蔵を開き、米が人々の手にわたったことにより、小田原11万石の領内から一人も餓死者も出さずにすんだという、その米蔵の礎石が用いられています。
191016sontoku24.jpg


礎石
191016sontoku25.jpg


拝殿向背
191016sontoku26.jpg


社額は、拝殿内に掲げられている。
191016sontoku27.jpg


社殿は神明造り。
191016sontoku28.jpg


本殿は、覆殿内。
191016sontoku29.jpg


ご祭神の二宮尊徳については、ウィキペディアで見ていただいたほうが良い。

その記事を読む


神紋は、「丸に木瓜」
191016sontoku30.jpg


社殿の横は、小田原城の堀になっている。
191016sontoku31.jpg


191016sontoku32.jpg


祈祷殿
元は、宝物殿として使われており、現在は納められていた物は報徳博物館に展示されている。
191016sontoku33.jpg


神池
191016sontoku34.jpg


これで参拝を終え、小田原城見学に向かった。


続いて小田原城の記事を見る



「神社巡拝」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

日本って不思議な国ですよね。実際に生きていた人が信仰の対象になって祭られるのですから。まあ、菅原道真のようにたたるのでしたら、わかりますが、二宮尊徳はたたるとは聞いたことがありませんし。この手の中で、最も新しいのは乃木将軍だと思いますが、もしかして、更に新しいのがあるかも。

コメントありがとうございます

仏教でも、空海をはじめいろいろな方が
信仰の対象になっています。
キリストやモハメッドなどもそうですし。
いいんじゃないですかね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop