FC2ブログ

武蔵御嶽神社境内皇御孫命社の狛猪

20191018

所在地:東京都青梅市御岳山176 武蔵御嶽神社境内社・皇御孫命社前
撮影日:2019年8月21日

この狛猪は、皇御孫命社の前に居る。
191018mitake01.jpg


191018mitake02.jpg


何度も武蔵御嶽神社には来ているので、今までも撮ってはあったのだが、不足していたので今年レンゲショウマの撮影に訪れた際に、きちんと撮り直した。

年代:文化5年(1808)奉納、平成11年(1999)修復
材質:石造
型式:他眷属型-猪

制作年代については、権威あるサイトで「日本最古の猪、文化5年」として紹介されています。
平成8(1996)年9月22日の台風17号により、北側の大杉が倒れ、原形をとどめないほどに大破。
平成11(1999)年に青梅市の「補助事業」の一環として、元の石の上を「覆う」形でこのように作り直したそうです。

右側が比較的口を開けている感じなので阿形。
尻を高くあげ、突進する直前のような姿勢。
191018mitake03.jpg


191018mitake04.jpg


191018mitake05.jpg


耳を伏せ、牙を出して、威嚇するような表情。
191018mitake06.jpg


191018mitake07.jpg


左側が口を閉じており、吽形。
尻を高くあげ、こちらを注視している感じ。
191018mitake08.jpg


191018mitake09.jpg


191018mitake10.jpg


耳を伏せ、口を閉じているが牙は出ている。こちらを注視している表情。
191018mitake11.jpg


191018mitake12.jpg



これに関する記事を探すと、よく「ぶた狛」と書いているのを見かけますが、それは失礼です(笑)
権威あるサイトで「日本最古の猪」と紹介されています。

平成8(1996)年9月22日の台風17号により、北側の大杉が倒れ、原形をとどめないほどに大破。そこで、平成11(1999)年に青梅市の「補助事業」の一環として、元の石の上を「覆う」形でこのように作り直したそうです。
この作業を担当したのは(株)ざエトスで、昭和40年当時の写真を元に、復元したそうです。
下記(株)ざエトスさんのHPに飛んで、「国内修復事例」⇒「御嶽神社狛犬修復」のページで、修復前の状態などを見ることが出来ます。

(株)ざエトスさんのHPに飛ぶ



神社やお寺の「懸魚(げぎょ)」など、装飾に、ハート形のものが「猪目」として使われています。
イノシシは、魔除け、福を呼ぶ、火事を護るということで、尊重されているからです。
だから、狛犬にもたくさんもちいられてよさそうですが、意外とありません。
武蔵御嶽神社にあるのは、貴重な作例です。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

私は御岳山には結構、登っていましたが、拝殿の前までで、その奥まで行けることはずっと知りませんでした。ある時、偶然に行けることがわかり、奥に行きましたが、旧本殿の華麗さと、駒猪には驚きました。

それにしても、この駒狼、あんなに壊れていたことは全く知りませんでした。ここまで直したとは大したものですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
貴重な狛猪ですからね。
お宮さんのほうでも、判っていたと思います。
美術品とか歴史的貴重品の修復を専門に
している業者さんらしいですが、けっこう
悩んだと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop