FC2ブログ

青面金剛立像/北区田端東覚寺

20191115

所在地:東京都北区田端2-7-3 東覚寺境内
撮影日:2017年1月6日

所属している歴史クラブで毎年正月に行っている七福神めぐりで、訪れた「赤紙仁王」で有名な東覚寺の境内にあった。
191115tougaku01.jpg


その記事を見る


門を入り、本堂までの参道の脇に、この庚申塔は安置されている。

塔身は駒形。
191115tougaku02.jpg


191115tougaku03.jpg


銘文:
右側に「享保三戊戌天」、左側に「吉日」と刻まれている。
191115tougaku04.jpg


塔身:駒形
主尊:一面六臂青面金剛立像
日月:浮彫り瑞雲付き
主尊の特徴:髪双髷、頭に蛇、三眼、邪鬼を踏む。
本手:合掌
他の手が持つ法具:法輪、弓、矢、鉾
脇侍:邪鬼、二鶏、三猿
造立年代:享保3年(1718)

日月は浮彫り、瑞雲付き。
191115tougaku05.jpg


青面金剛全身
邪鬼を踏んで立つ。
191115tougaku06.jpg


髪は双髷、頭に蛇がとぐろを巻いている。
わかりにくいが、三眼。
表情は眉を吊り上げ、忿怒形。
191115tougaku07.jpg


本手は合掌。
他の手が持つ法具は、右側が上から法輪、弓。左側は上から鉾、矢。
191115tougaku08.jpg


青面金剛に踏まれている邪鬼は左向き、あきらめ顔。
左右に鶏が居る。
191115tougaku09.jpg


その下の岩に刻まれた三猿は、ダイヤモンド形。
右から、「見ざる、言わざる、聞かざる」となっている。
191115tougaku10.jpg



この庚申塔の特徴は:
・良い石を使っていて、多少風化しているものの、各部の形がはっきりしていて、良好な保存状態である。
・青面金剛の髪が双髷、頭に蛇がとぐろを巻いている。
・本手は合掌。
・三猿の上下のスペースが無くて窮屈なのは可哀そう。


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

写真に写っている「赤紙仁王」、10年位前だったか、赤紙を全部剥がされて、修理されたことがあります。背中部分の欠けとか、ひび割れとか、結構、あったようで、その修理について、報告書が北区の図書館にあったので、読んだことがあります。

そう言えば、ここの境内に庚申塔があったのですね。次回、行く時、多分、来年の正月3賀日にここの裏庭が開放されるので、その時に行ってみようと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
ここの赤紙仁王は、紙が大量に貼られていて、
まったく地が見えなかったのを覚えています。
ものすごいですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop