FC2ブログ

入曽の獅子舞/埼玉県狭山市

20191118

10月20日(日)に、歴史クラブ「伝統芸能・祭りの探勝」グループの企画で、見に行きました。

この獅子舞は昭和54年(1979)3月27日に埼玉県指定文化財・無形民俗文化財として指定されました。
入曽の獅子舞は、25人で構成される勇壮聞達(ゆうそうかったっ)なもので、埼玉県西部地区を代表する獅子舞です。
毎年10月第3土曜日・日曜日の両日にわたり金剛院と入間野神社に奉納されます。
それは、金剛院が入間野神社の別当寺だったためで、神仏習合の様式を伝える珍しいものです。
1日目には金剛院で揃い獅子が行われ、前狂い、後狂いの全曲が舞われます。
2日目は、午後から金剛院の本堂で式が行われ、それに続いて庭で前狂いが奉納されます。その後、山門から行列をつくり入間野神社へと進み獅子舞の全曲が舞われます。
この獅子舞の起源は分かりませんが、当神社所蔵の獅子舞を措いた奉納絵馬に、宝暦8年(1758)9月当村中の年号があり、その起源は江戸時代中期までさかのぼると推察されます。
天狗の持つ軍配には「風雨和順五穀成就(ふううわじゆんごこくじょうじゆ)」の文字が書かれており、かっては、豊作と悪疫退散(あくえきたいさん)を願って村内を巡行したといわれています。また日照り続きには、雨乞い祈願で舞ったとの伝承を残しています。

【金剛院】
入曽駅に参加者が集まり、金剛院に行って、しばらく待つうちに、始まりました。
本堂で式が終り、獅子舞のメンバーが出てきます。
191118iriso01.jpg


一旦、山門まで行って、行列を組んで本堂まで来て、先頭の金棒の打ち合いから始まる。
191118iriso02.jpg


191118iriso03.jpg


四隅に立つ花笠は少女の扮装だが、男の子が務める。
花笠がわりと重いので長時間頭に載せているのはツライため、介添えが支えている。
この子が演奏するササラの音は、しっかり出ていて良かった。
191118iriso04.jpg


演目の中では、この「さおがかり」が面白い。
渡された太く長いサオを障害物に見立てて、雄獅子二頭が反対側で待っている雌獅子に会いに行く。
若い雄獅子は、比較的簡単に越えていけるが、年配の雄獅子は越えるのにてこずり、その間若い男獅子と雌獅子がイチャイチャしているという舞である。

若い雄獅子が越えるのにてこずって、ハアハア息を切らしていると、役員が団扇で風を送り励ます。
191118iriso05.jpg


191118iriso06.jpg


続いて、年配の雄獅子も、向うで越えて行った若い雄獅子と雌獅子がイチャイチャしているのに、越えるのにてこずりハアハア。
191118iriso07.jpg


同様に、役員に風で励まされ、ようようサオを越えて、三頭で踊り狂う。
191118iriso08.jpg


その後も演目が続き、最後まで見ました。

金剛院での獅子舞全体を動画で撮影し、ユーチューブにアップしたので、見てください。
長いので、前半と後半に分けてアップしました。
下記をクリックすれば見ることが出来ます。
ユーチューブ画面の右下の「□」をクリックすれば、大きい画面で見ることが出来ます。

入曽の獅子舞・金剛院(前半)を見る


入曽の獅子舞・金剛院(後半)を見る



舞が全部終わると、入間野神社に移動して、獅子舞の一行が移動してくるのを待った。

【入間野神社】
事前に地域の方の情報で、神社入口から獅子が飛び跳ねながら入っていくのが良いと聞いていたので、神社入口で待っていて、それを撮った。
191118iriso09.jpg


191118iriso10.jpg


それから脇を走って獅子を追い越して、本殿前に設置された、頑丈な木枠で囲まれた舞台まて行った。
獅子舞の一行が全部入ると、開けておいた入り口を閉めて、獅子舞が始まる。
191118iriso11.jpg


191118iriso12.jpg


もちろん「さおがかり」の演目もある。
191118iriso13.jpg


金剛院での舞では無かった演目に、「花すい」というのがあった。
中央に花笠4つが集まり、その周りを花を愛でるがごとく獅子が踊り狂う。
191118iriso14.jpg


その後も演目が続き、最後まで見ました。

入間野神社での獅子舞全体を動画で撮影し、ユーチューブにアップしたので、見てください。
こちらは、更に長いので、三回に分けてアップしました。
下記をクリックすれば見ることが出来ます。
ユーチューブ画面の右下の「□」をクリックすれば、大きい画面で見ることが出来ます。

入曽の獅子舞・入間野神社(その1)を見る


入曽の獅子舞・入間野神社(その2)を見る


入曽の獅子舞・入間野神社(その3)を見る



入曽の獅子舞は、いままで見ようと思いながら都合が合わなくて見ることが出来なかった。
今回、その念願がかない、しかも金剛院と入間野神社両方での舞をちゃんと確認出来て、とても嬉しかった。
埼玉県指定文化財・無形民俗文化財として指定されているのも当然と思える、立派な獅子舞で満足した。

(了)



「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



「狭山市の歴史を訪ねる」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

都区内では普通の獅子舞しか見ることはできませんが、埼玉県って、結構、その地域独特の獅子舞が残っていますね。私も一度だけですが、偶然に奥武蔵の山の中腹にある諏訪神社で見たことがあります。

他の地域のも見たいと思っているのですが、このインターネット時代とは言え、中々、いつ、どこで行われるかの情報に出会えないので、それ以降はご無沙汰になっています。

と言うことで、四季歩さんを羨ましいです。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
matsumoさんは、東京都民俗芸能大会をご存知でしょうか。
今年度は、3月28日(土)と29日(日)の二日間、
池袋の芸術劇場で開かれます。
私は、毎年行っています。
ここで、東京都の民俗芸能とその地域ではいつ開催されるかを
知って、現地のお祭りにも行っています。
無料で、インターネットで申し込めるので、
ぜひ行かれることをお勧めします。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop