FC2ブログ

太平山(おおひらさん)神社・六角堂前の狛犬

20191122

所在地:栃木県栃木市平井町659 太平山神社・六角堂前
撮影日:2017年8月30日

太平山神社については、既に記事があります。

その記事を見る


参道登り口に、六角堂がある。
191122rokkaku01.jpg


その前に、今回の狛犬は居る。

年代:昭和20年(1945)
材質:石造
型式:子連れ玉取り型

右側の阿形獅子。蹲踞して、玉を持った子獅子を押さえている。
191122rokkaku02.jpg


191122rokkaku03.jpg


191122rokkaku04.jpg


口を開いており、たてがみが巻き毛なので獅子。
横一直線に剣が並んだような眉が目にかぶさっている。顎鬚もストレートなのが並ぶ。
上唇が大きくたわんだ横に大きな口を開いて、鋭い歯が並び、牙も鋭い。
四角い顔はほとんど毛に覆われ、表情はかなり威嚇的。
191122rokkaku05.jpg


191122rokkaku06.jpg


玉を持つ子獅子。
191122rokkaku07.jpg


191122rokkaku08.jpg


左側の吽形獅子。蹲踞して、玉を押さえている。
191122rokkaku09.jpg


191122rokkaku10.jpg


口を閉じており、たてがみが巻き毛なので獅子。
眉は直毛が横に並び目にかぶさっている。顎鬚も、直毛が横に並ぶ。
上唇がかなりたわんだ口を閉じて、歯を見せない。牙は出ている。
四角い顔はほとんど毛に覆われ、表情は静か。
191122rokkaku11.jpg


191122rokkaku12.jpg


たてがみと、尾は長く横に流れて美しい。
尾の巻き毛は、左右に一つずつ。
191122rokkaku13.jpg


191122rokkaku14.jpg



この狛犬は、向かって右の阿形が子獅子を連れて、吽形が玉を取っている、子連れ玉取り型。
しかも子獅子が更に玉を掴んでいるという、凝ったかたちだ。
たてがみと尾が横に長く流れて美しい。
苔むしていて、風化が進んでいる感じで、惜しい気がする。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この狛犬はガッチリしていて、荒々しい感じのものですね。昭和20年と言うと、戦争の真っ最中か、終わった辺りに奉納と言うことだと思いますが、実際に彫っていたのは戦争中でしょうね。当時、よく彫れたものだと思います。

そう言えば、先日、鳩ノ巣渓谷に行ったのですが、渓谷から5分位の所に庚申塔があったことを思い出して、撮影に行ったのですが、何と、赤い腹巻きが付けられていて、ほんの一部しか見えないのには参りました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
庚申塔をはじめ、石仏はいまでも
地域の人に大事に守られていて、
赤い前掛けとか活けてある花が
邪魔するとか、写真を撮っていると
それが気になることはありますね。
大事にしてもらっているので、文句は
言えませんが。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop