FC2ブログ

上野国式内社・榛名神社(後半)

20191201

所在地:群馬県高崎市榛名山町849番地
参拝日:2019年11月10日

前半の記事は、御水屋(おみずや)のところまででした。
この水は瓶子の滝と同じ榛名山麓の天然水、萬年泉とともに古くから、御神水として使用。
191201haruna01.jpg


御水屋の反対側、参道を挟んで屹立しているのが、矢立杉。

矢立杉(やたてすぎ)〔天然記念物〕
田信玄(たけだしんげん)が戦勝祈願のため矢を射立てたという言い伝えがあります。高さ 55m、目通り 9.4m、樹齢600年(推定)。
191201haruna02.jpg


191201haruna03.jpg


寄生している木が紅葉している。
191201haruna04.jpg


神幸殿〔重要文化財〕:神幸祭のとき神輿(しんよ、みこし)が出御しとどまる社殿。
191201haruna05.jpg


巨岩の間の石段を上がる。
191201haruna06.jpg


岸壁に張り付いた木が美しく紅葉している。
191201haruna07.jpg


山門
191201haruna08.jpg


いよいよ双龍門への石段。
191201haruna09.jpg


双龍門の横には「鉾岩」が屹立している。
191201haruna10.jpg


紅葉が見事。
191201haruna11.jpg


双龍門(そうりゅうもん)〔重要文化財〕
本来は唐門。扉の彫刻や天井絵に龍が多く双龍門と呼ばれる。
一間一戸、入母屋造銅板葺き、総欅造りの四脚門。安政二年(1855)の建立。
191201haruna12.jpg


191201haruna13.jpg


191201haruna14.jpg


191201haruna15.jpg


透かし彫りは、三国志にちなんだものといわれる。
191201haruna16.jpg


191201haruna17.jpg


双龍門をくぐると、社殿がある境内に。
191201haruna18.jpg


神楽殿(かぐらでん)〔重要文化財〕
北面が唐破風造、南面が切妻造銅板葺で、北側が吹き放ちの舞台、南側を楽屋としています。神に奉納する神楽を演じる場所であり、本殿と向かい合い、床の高さを同じにしています。棟梁は佐藤直右衛門。舞台は板張りで三方吹放ちとして、格天井には花鳥図や神楽面が描かれています。明和元年(1764)に再建。
191201haruna19.jpg


天狗(てんぐ)
191201haruna20.jpg


国祖社・額殿(こくそしゃ・がくでん)〔重要文化財〕は、大修復中。
191201haruna21.jpg


社殿(しゃでん)〔重要文化財〕
主祭神の火産霊神(ほむすびのかみ)・・埴山姫神(はにやまひめのかみ)のほか、水分神(みくまりのかみ)・高靇神(たかおかみのかみ)・闇靇神(くらおかみのかみ)・大山祇神(おおやまつみのかみ)・大物主神(おおものぬしのかみ)・木花開耶姫神(このはなのさくやびめのかみ)が合祀されています。本社は、隅木入春日造・正面三間、側面二間。幣殿は両下造・正面一 間、側面三間。拝殿は入母屋造・正面千鳥破風、両側面と向拝に軒唐破風をつける。権現造の複合建築。屋根は銅板葺。格天井の花草飛龍の絵は仙台藩の絵師・根本常南(ねもとじょうなん)の筆。文化三年(1806)の再建。

拝殿
191201haruna22.jpg


「鎮護国家」の社額
191201haruna23.jpg


各部の彫刻がすごい。
191201haruna24.jpg


191201haruna25.jpg


海老虹梁にも龍がからみつく。手挟みの彫刻も華麗。
191201haruna26.jpg


191201haruna27.jpg


彫刻が何段にも重なる。
191201haruna28.jpg


脇障子の彫刻
191201haruna29.jpg


床下の彫刻もすごい。
191201haruna30.jpg


191201haruna31.jpg


191201haruna32.jpg


拝殿を横から見て、幣殿、本社殿と続く。
191201haruna33.jpg


191201haruna34.jpg


本殿は御姿岩(みすがたいわ)に接し岩奥に御神体をお祀りしています。
191201haruna35.jpg


御姿岩
191201haruna36.jpg


落ちそうで落ちない御姿岩
191201haruna37.jpg


御姿岩の下に大幣が祀られているが、どのようにこの場所に運んだのだろうか。
191201haruna38.jpg


境内社・杵築社(きつきしゃ)
191201haruna39.jpg


境内社・不明
191201haruna40.jpg


双龍門の屋根と紅葉
191201haruna41.jpg


戻り道で、七福神・大黒天あり。
これで七福神は全てクリア。
191201haruna42.jpg


塩原太助の玉垣まで戻ってきたところから、芭蕉の松露庵句碑を見るため、川沿いの自然歩道を行く。
眺めのよいところあり。
191201haruna43.jpg


191201haruna44.jpg


榛名山ばんしょ跡
191201haruna45.jpg


191201haruna46.jpg


松露庵句碑(しょうろあんくひ)
松尾芭蕉を頂点に俳号・松露庵の系譜につながる俳諧のながれを表した句碑。芭蕉の句を中心に配し、涼兎(りょうと)、乙由(おつゆう)、柳居(りゅうきょ)、鳥酔(ちょうすい)、左明(さめい)、烏明(うめい)、二世鳥酔(にせいちょうすい)、坐来(ざらい)の句が左・右・左という順で彫られています。鳥酔以下が松露庵社中の庵主です。碑は波状の襞(ひだ)を生かした自然石で、形から扇面に見立ててつくられたものと考えられます。
芭蕉の句は「あかあかと日はつれなくも秋の風」
元禄2年(1689年)7月、『奥の細道』の旅の途中で詠んだ句である。

苔むしていて、読むのはかなり難しい。
191201haruna47.jpg


191201haruna48.jpg


191201haruna49.jpg


砂防堰堤のところから、「つづら岩」を望む。
191201haruna50.jpg


191201haruna51.jpg


随神門に戻ったところで、時間も良し。
お昼を食べることにして、宿坊のうちで、門が立派な「本坊」でお蕎麦を食べた。
門は国登録有形文化財だそうだ。
191201haruna52.jpg


美味しいお蕎麦を食べて、休憩したあとは、榛名湖や榛名富士を楽しんだ。



「神社巡拝」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この神社、床下まで彫刻があるのがすごいですね! それにしても、写真を見せていただいた限りでは、岩がご神体と言うか、巨石信仰みたく見える神社ですね。

さて、連絡事項ですが、本日(12/1)、近所の図書館にて山岳雑誌「岳人」2011.12号を読んだのですが、その特集が「続・戦国の山」で、10程の山城を解説しています。勿論、本来の目的はそこに登ると言うものですが、戦国時代等の城の解説もあるので、もし、ご興味がありましたら、図書館等でお読み下さい。

https://www.gakujin.jp/menu105/

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私は、最近巨石に目が無いので、ここはとても良かったです。
「続・戦国の山」の情報ありがとうございました。
ぜひ、読んでみたいと思います。

No title

あれ、岳人が間違っていますね。

2011.12号ではなく、最新号、すなわち、2019.12号です。

matsumo さん

ありがとうございました。
調べたら、たぶん2019.12のことだと分かったので、
注文しました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop