FC2ブログ

太平山(おおひらさん)神社・随神門内の狛犬

20191212

所在地:栃木県栃木市平井町659 太平山神社・随神門内
撮影日:2017年8月30日

太平山神社については、既に記事があります。

その記事を見る


参道登り口の途中に、随神門がある。
191212ohira01.jpg


随神門をくぐった所に、今回の狛犬が置かれている。

年代:天保13年(1842)
材質:石造
型式:金沢型

金沢型というのは、石川県金沢市近辺に見られるもので、片方が逆立ちしていて、もう片方は構えているもの。
それが、栃木県のここにあるのを見て仰天した次第です。
金沢市にある金沢型は未アップのため、こちらが先に金沢型のお披露目になりました。

向かって右側が阿形獅子で逆立ちをしている。
191212ohira02.jpg


191212ohira03.jpg


191212ohira04.jpg


残念ながら右後足と尾を失っている。
191212ohira05.jpg


ネットで探したら、壊れる前の写真を見つけることが出来た。
191212ohira06.jpg


口を開いており、たてがみが巻き毛なので獅子。
耳が大きく、たてがみは長く後足のほうにまで延びている。
横一直線に直毛が並んだような眉が目にかぶさっている。顎鬚もストレートなのが並ぶ。
目をカッと見開いて、横に大きな口を開いて、歯が並ぶ。
表情は威嚇的。
191212ohira07.jpg


191212ohira08.jpg


左側は、口を閉じた感じで、たてがみが巻き毛なので、吽型獅子。
頭を低くし後足を延ばして、跳躍寸前のような「構え型」
191212ohira09.jpg


191212ohira10.jpg


口を閉じ気味で、たてがみが巻き毛なので獅子。
耳が大きく、たてがみは腰まで延びている。
横一直線に直毛が並んだような眉が目にかぶさっている。顎鬚もストレートなのが並ぶ。
目を鋭くし、横に大きな口を閉じて、上の歯並びは見せている。
表情は、こちらを注視している感じ。
191212ohira11.jpg


191212ohira12.jpg


尾は、両側に大きな巻き毛を三つ作って、尾の先は横に平らな板状になっている。
191212ohira13.jpg


191212ohira14.jpg


金沢市近辺にしか無いと思っていた金沢型を発見して驚いた。
この地と金沢にゆかりのある人が奉納したのか、それともこの地の職人さんが独創的に制作したものなのか。
いずれにしても、狛犬の世界では「金沢型」として定着しているかたちだ。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この形の狛犬、躍動的d格好が良いのですが、経年変化と言うか、いたずらに弱そうな感じですね。大人で悪いことをする人もいますが、子供達が遊びで色々とやりそうな感じがします。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
可愛そうになりますが、致し方ないですよね。
それも歴史と受け入れるしかありません。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop