FC2ブログ

太平山(おおひらさん)神社・拝殿前の狛犬

20191227

所在地:栃木県栃木市平井町659 太平山神社・随神門内
撮影日:2017年8月30日

太平山神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は拝殿前に居る。
191227ohira01.jpg


年代:不明
材質:石造
型式:宝珠・角型

右側に、吽形獅子。頭に角あり。
たてがみに巻き毛あり獅子。たてがみは、前の方に長く流れて肩を過ぎ前足にかかっている。
前足は直立。後足は蹲踞。
身体の筋肉や体毛、爪などの表現は、走り毛くらいで控えめ。
191227ohira02.jpg


191227ohira03.jpg


191227ohira04.jpg


角は一本で後ろに曲がっている。
顔は横長で扁平な感じ。
耳は伏せ、眉は巻き毛が横に並び、顎髭は直毛が並び、目は鋭い。
波打った唇を閉じてているが、閉じた歯をむき出して威嚇している感じ。
191227ohira05.jpg


191227ohira06.jpg


左側に、阿形獅子。頭に宝珠あり。
たてがみに巻き毛あり獅子。たてがみは、前の方に長く流れて肩を過ぎ前足にかかっている。
前足は直立。後足は蹲踞。
身体の筋肉や体毛、爪などの表現は、走り毛くらいで控えめ。
191227ohira07.jpg


191227ohira08.jpg


191227ohira09.jpg


宝珠は小さめ。
顔は横長で扁平な感じ。
耳は伏せ、眉は巻き毛が横に並び、顎髭は直毛が並び、目は鋭い。
たわみの大きい唇を開き、歯並びは綺麗。牙は大きめだが目立たない。
表情は威嚇している感じ。
191227ohira10.jpg


191227ohira11.jpg


尾は立っていて、根元の三つの巻き毛からスックとタケノコ状に毛が立っている。
191227ohira12.jpg


191227ohira13.jpg



この狛犬は、右に吽形左に阿形と、通常と異なる。
社殿の方向に寄るのかと調べたら、社殿は東南向きなので、太陽は右側から上る。
よって、阿吽の意味からすると、ここの狛犬は左右逆に置かれていると思えるのだが。
狛犬自体は、宝珠と角が分かりやすくて、体型も自然で、良いものだと思う。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

横からの写真を見ると、大きな石を目一杯使って、彫った駒犬と言う感じの駒犬ですね。顔がやや片がっているのが面白いです。写真で見た限りでは、角の部分、修復で継ぎ足したように見えますね。

そう言えば、昨日(12/27)、雑司ヶ谷七福神を巡ったのですが、それの大鳥神社にある駒犬、頭を低くして、お尻を上げているものでした。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
右側の狛犬の尾は、丸々新たに追加されて
いるなど、けっこう痛々しいものでした。
歴史クラブの正月行事が雑司ヶ谷七福神めぐり
で、この前下見をしました。
大鳥神社の鳥居のところの狛犬ですね。
「出雲構え型」でした。
この型を奉納した由来が知りたいなと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop