FC2ブログ

梅宮神社・甘酒まつり/埼玉県狭山市

20200224

所在地:埼玉県狭山市上奥富508
撮影日:2020年2月11日

2月11日(水)に狭山市内の梅宮神社で行われる「甘酒祭り」に歴史クラブの「伝統芸能・祭り」グループの企画で参加しました。
この神社の甘酒祭りは、毎年厳冬の2月10日・11日の2日間にわたり執り行われます。「頭屋制」という関東地方では他に見られない珍しい運営形態で1200年前の平安の昔よりそのまま継承して挙行されているところから、平成4年(1992)3月11日に埼玉県指定文化財・無形民俗文化財に指定されました。

新狭山駅に集合し、歩いて梅宮神社に向かいました。
途中、梅宮神社入口鳥居から田んぼ一枚隔てた場所に「舗石供養塔」があり、そこで江戸時代の梅宮神社の姿を参加者に見てもらった。

「舗石供養塔」は、天保12年(1841)造立のものなので、ここからの参道に舗石を奉納した記念の碑である。
200224amazake01.jpg


その姿は、江戸時代に作られた「新編武蔵風土記稿」の挿絵に描かれている。
200224amazake02.jpg


半分ずつ拡大すると:

小川に橋がかかっているが、ここが「舗石供養塔」が建っている場所である。
そこから真っ直ぐ参道が延びている。
200224amazake03.jpg


江戸時代の梅宮神社の様子。
200224amazake04.jpg


梅宮神社鳥居には大きな幟が立っています。
200224amazake05.jpg


鳥居からの参道には屋台が並んでいる。
200224amazake06.jpg


200224amazake07.jpg


二の鳥居のところの梅がほころんでいた。
200224amazake08.jpg


200224amazake09.jpg


まだ時間が早いので、境内には人が少ない。
樽みこしや酒樽が並んで居る。
200224amazake10.jpg


梅宮神社の祭神は、酒解神(大山祇神)、酒解子神(木花咲耶姫命)、瓊瓊杵尊、彦火々出見尊であり、その祭神が「甘酒祭り」と関係している。

○甘酒祭りの起源
 起源は古事記・日本書紀によれば、瓊々杵尊が木花咲耶姫命と婚姻、一夜にして身ごもったのを疑われた木花咲耶姫命が疑いを晴らすため、自身産屋に入って「神の御子ならたとえ火の中でも無事に生まれるでありましょう」といって燃えさかる炎の中で彦火々出見尊他を出産したといわれ、喜んだ木花咲耶姫命の父である大山祇神が、清浄な田で採れた米から白酒を造り天地神に供えたのが、「甘酒祭り」の始まり。
また夜を徹して火を頭屋と子供たちによって、朝まで焚き続ける祭りを「奥富おごり」と呼んでいます。

○頭屋制
頭屋制とは氏子を数組の頭屋に分け、そのうちの1組が甘酒祭りばかりでなくその年の祭礼すべてを執り行うことをいいます。梅宮神社では、かっては10組でしたが、現在は上奥富の氏子を9組に分けて頭屋を組んでおり、1頭屋は約10軒で組織されています。

○白酒の製造
大祭に用いる白酒の製造は明治30年(1897)に祭典自家用として、税務署より許可を受けて今にいたっています。現在は酒蔵で仕込むので温度管理が大変楽になりました。それ以前は1月初旬より頭屋の中の杜氏(とじ)宅で仕込みを始め、2月2日よりの「謡(うたい)」の練習が始まるまでに作り上げるため温度管理が難しく、以前は格式と財力がないと勤まらなかったといわれていました。

どぶろく、甘酒を準備している。
200224amazake11.jpg


どぶろく、甘酒が配られるころには、参拝客が沢山の長い行列ができていた。
200224amazake12.jpg


どぶろく、甘酒好きなほうをいただきますが、両手に両方を持っている人が多かった(笑)
200224amazake13.jpg


200224amazake14.jpg


境内ではだるま市、植木市も開かれていた。
200224amazake15.jpg


200224amazake16.jpg


参拝する人の行列が長くなった。
200224amazake17.jpg


境内にある、松尾神社の石碑にもお参り。
松尾神社の祭神も、大山祇神である。
200224amazake18.jpg


赤飯のおにぎりがお供えしてあった。
200224amazake19.jpg


するうち、「西方囃子」が始まりました。
200224amazake20.jpg


西方囃子は平成15年(2003)11月4日に狭山市指定文化財・無形民俗文化財として指定されました。
 江戸神田囃子の流れを汲む神田徳丸の流儀を持ち、江戸時代に北入曽村の入曽囃子から伝えられましたが、昭和26年(1951)に後継者が絶えて一時中断していました。しかし昭和51年(1976)に復活し、奉納嚇子として元旦、2月に梅宮神社の甘酒祭り、4月に奥富神社、7月に八雲神社、8月に浅間神社と薬師堂に奉納されます。

囃子に合わせて踊る、子供が演じるおかめとひょっとこ。
200224amazake21.jpg


獅子舞
200224amazake22.jpg


獅子が頭を噛んであげるよという素振りをみせるが、誰も出て行かない(笑)
200224amazake23.jpg


それじゃあと、我々のグループが出て行って頭を噛んでもらうと、それからずらっと行列が出来た(笑)
200224amazake24.jpg


200224amazake25.jpg


200224amazake26.jpg


「豊年足踊り」が始まった。
左側の赤い衣装が足です。
200224amazake27.jpg


腰を曲げて足を立てて踊るので、大変な踊りです。
200224amazake28.jpg


200224amazake29.jpg


200224amazake30.jpg


大黒さんが出てきた。
200224amazake31.jpg


打ち出の小づちで福をもらいます。
200224amazake32.jpg


200224amazake33.jpg


最後に、大黒さんが福豆など縁起物をまいて終了となりました。

天気が良くて、のんびりと祭りを楽しみ、お昼になったので近くのレストランに歩いていき、昼食を食べながら懇談して、お開きとなりました。

祭りとしての見どころは、宵宮と当日の饗宴型の神事があります。
○宵宮祭
 宵宮祭は2月10日の夜に行われる祭事で「座揃式」ともいい、社務所にて行います。式は平安の流れを受け継いで執り行われます。近世では慶安4年(1651)に川越藩主松平信綱の参拝以後、代参主賓となり、今では神社総代が務めています。村の組織や機能までが判然と分かるかのように村の人々が両側に居並び、頭屋の中の相伴(しょうばん)頭によって進行されます。式半ばに杜氏を呼び出し、今年の酒の出来栄えなど褒めて、一献一献勧めては謡あげ、盃を重ねる珍しい饗宴形態の酒盛祭りで、20~30人によって執り行われています。

○大 祭
大祭は2月11日に行われ、第一神事および第二神事に分かれています。第一神事は白酒の澄ん
だ酒と赤飯、山海の珍味を供えて午後1時より社殿にて行います。第二神事は午後4時より開始
し、領主、神官、役人を正座とする古い饗宴の形態で、一献毎に優雅な謡の「松の曲」より始まり、「千秋楽の曲」を奏でて本頭屋と来年の頭屋との「頭屋渡し」の式で終了します。式後は総立ちとなって神官、領主、総代、本頭屋の順に胴上げして一同社殿を下ります。

○頭送 り
最後の頭送りの儀式は、本頭屋と受け頭屋に担がれた樽神輿が本頭屋の杜氏宅を出発して神社
でひと練りしたあと、受け頭屋の杜氏宅に納めて2日間の甘酒祭りが目出度く終了します。

こういう謡を謡います。

所は高砂の・・・・・
尾上の松年古て・・・・
老への波も寄り来たるや・・・・・
木の下蔭の落ち葉かく
成る迄命永らいて
尚いつ迄も生の松
それも久しき名松哉
それも久しき名松哉

四海波静かにて
風も治まる時津風
技をならさぬ御代なれや
相に相生の・・・・・
松こそ目出かりけれ
実にや仰ぎても
事も愚かやかかる世に
住める民とて豊かなる
君の恵ぞ有難き
君の恵ぞ有難き

松高き枝も連なる鳩の峰
曇らぬ御代は久方の
月の桂の男山
実にもさやけき蔭にきて
君万歳と祈るなる
神に歩みを運ぶなり
神に歩みを運ぶなり

時めくや采女の衣の色そえて
御酒を進むる盃も
花待ちいたる祝言は
千歳の春の始め哉
ちとせの春のはじめかな

千代の声のみ弥増に
いただき祭る社哉
戴き祀るやしろかな

さす腕には悪魔を払え
納むる手には寿福を抱き
千秋楽には民を撫で
万歳楽には命を延ぶ
相生の松風
颯々の声ぞ楽しむ
颯々のこえぞ楽しむ

(了)


「お気に入りの場所」を見る



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

露店あり、樽神輿あり、白酒・甘酒あり、舞台での踊りあり、獅子舞・大黒・足踊りあり、だるま市・植木市ありと、「何でもあり」のお祭りと言う感じですね。

それにしても、氏子の世話人組織が未だに続いていると言うのはすごいですね。

白酒は赤羽駅から徒歩20分位の所にある「熊野神社」でも作られて、餅と共に配布されています。この時、「白酒の歌」なんて言うのも歌われます。でも、祭りの様子は、梅宮神社とは全く異なりますね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
昔は、祭りがその地域の結束力を高めて
いたと思います。
私ら子供だけの祭りも年に三回あり、
その地域の子供たちの団結や組織化が
出来ていましたね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop