FC2ブログ

青面金剛立像/八王子市

20200306

所在地:東京都八王子市下恩方町川原宿路傍
撮影日:2016年2月13日

この庚申塔は、陣馬街道沿い川原宿の路傍、三叉路に位置している。

陣馬街道から見た図
200306kawara01.jpg


ここには二基の庚申塔があり、右側が青面金剛立像のもの、左側は「庚申供養」と刻む文字塔である。
200306kawara02.jpg


今回は青面金剛立像のものを紹介する。
200306kawara03.jpg


銘文は:
右側面に「寛政二年」
200306kawara04.jpg


左側面に「(庚)戌十一月吉日」
と彫られている。
200306kawara05.jpg


塔身:唐破風笠付き角柱
主尊:一面六臂青面金剛像
日月:なし
主尊の特徴:一面六臂、邪鬼を踏んで立つ。
本手:合掌
他の手が持つ法具:法輪、弓、矢、鉾
脇侍:邪鬼、三猿(三番叟)
造立年代:寛政2年(1790)


立派な唐破風笠が載っている。
200306kawara06.jpg


青面金剛は一面六臂、邪鬼を踏んで立つ。
200306kawara07.jpg


青面金剛の顔は、風化が進んでまったくわからない。
200306kawara08.jpg


本手は合掌、他の手は法輪、弓、矢、鉾と推定した。
200306kawara09.jpg


踏まれている邪鬼も、風化が進んで、顔など細部がわからない。
200306kawara10.jpg


台座の三猿は、風化が進んでよくわからないが、輪郭から三猿がそれぞれ御幣、神楽鈴、扇を持って三番叟を踊っていると判断できる。
200306kawara11.jpg


この庚申塔は、風化が進んでしまい、よく姿がわからない。
台座の三猿がそれぞれ御幣、神楽鈴、扇を持って三番叟を踊っているのが珍しい。


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

恩方と言えば、車人形で有名な所ですね。高尾駅よりバスで陣馬高原下バス停に行く途中で通ります。

なるほど、猿が踊っている庚申塔ですか! そのようなのがあるの、初めて知りました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
庚申塔についている猿は、実にいろいろなことを
やってくれています。
これだけでも、詳しく語れば2時間くらいは
語れるのではないでしょうか。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop