FC2ブログ

川口市立文化財センター

20200313

所在地:埼玉県川口市本町一丁目17番1号
訪問日:2020年2月28日

歴史クラブの「博物館に行こう」グループの企画で訪ねました。
この日は、川口市立文化財センター⇒旧田中家住宅⇒川口元郷から鳩ヶ谷に電車移動⇒日光御成道⇒川口市立文化財センター分館資料館⇒市神社⇒鳩ヶ谷氷川神社を訪ねた。

埼玉高速鉄道線「川口元郷」駅から歩いて10分ほどで、川口市立文化財センターに着きました。
200313kawa01.jpg


入った一回のエントランスに、川口らしく鋳物工場の壁画の前に道具を展示してあった。
200313kawa02.jpg


小型のキューポラ
200313kawa03.jpg


溶けた鉄を運ぶ取り鍋など
200313kawa04.jpg


鋳型や砂型などは展示室にベーゴマ鋳造の説明がしてあったので、そこで紹介します。

二階の展示室に上がる階段に面白い表示があった。

荒川の洪水で、ここまで水が来た。
200313kawa05.jpg


縄文時代の海水面。
このセンターがある場所は、当時は海だった。
200313kawa06.jpg


【展示室1】
入口にはドーンと安行原の藁蛇が置かれ、原始・古代から近代までの文化財を左周りに展示してある。
200313kawa07.jpg


以下は、私が関心を持ったもののみ、紹介しておきます。

〇石器時代の展示では、「石核」の展示が良かった。
200313kawa08.jpg


200313kawa09.jpg


石器
200313kawa10.jpg


〇縄文海進の説明
200313kawa11.jpg


200313kawa12.jpg


〇トチの実加工場の復元図
縄文時代後期に訪れた気候の寒冷化は、森がそれまでと違う変化をし、トチノキが繁茂し、低地に広がっていた沼は湿地へと姿を変えた。
赤山陣屋跡西側低湿地から、トチノ実加工場跡が発見された。
200313kawa13.jpg


200313kawa14.jpg


〇縄文時代の漆利用
200313kawa15.jpg


200313kawa16.jpg


200313kawa17.jpg


200313kawa18.jpg


〇遮光器土偶
遮光器とはイヌイットの使用しているサングラスであり、その姿に似ていることから名づけられた。東北地方の影響が見られ、内部は空洞に作られている。表面にはベンガラが塗られている。
前面
200313kawa19.jpg


横から
200313kawa20.jpg


後面
200313kawa21.jpg


〇伊奈氏と赤山陣屋
伊奈氏は地方巧者として、赤山陣屋を拠点に江戸の穀倉地帯開発のための様々な施策を講じた。
200313kawa22.jpg


伊奈忠治が元和7年(1621)に行った、利根川が大きく湾曲する佐波村地先から渡良瀬川の新栗橋までの約8Kmの水路の開削の様子を描いたもの。
200313kawa23.jpg


日光御成道の説明は、分館資料館の説明の際に。

〇富士信仰のところで「木花開耶姫」像
200313kawa24.jpg


〇安行原の蛇造り
200313kawa25.jpg


200313kawa26.jpg


200313kawa27.jpg


【展示室2】
鋳物ストーブやベーゴマをはじめ、近代・現代の文化財を展示。
200313kawa28.jpg


川口らしく、鋳物製品が並ぶ。
懐かしいダルマストーブが一番前に。
200313kawa29.jpg


200313kawa30.jpg


200313kawa31.jpg


〇ベーゴマが出来るまで。
200313kawa32.jpg


200313kawa33.jpg


金型
200313kawa34.jpg


金型の形を写した砂型の上下
200313kawa35.jpg


上と下の砂型を合わせて、中央の湯口から溶かした鉄を流し込む。
200313kawa36.jpg


鉄が固まったら、砂型を壊すと出てくるのが、このように鋳あがったベーゴマ。
中央の太い柱は湯口。
200313kawa37.jpg


ベーゴマ完成品
200313kawa38.jpg


前回東京オリンピックのときの聖火台レプリカ。
川口内燃機鋳造株式会社が製作。
200313kawa39.jpg


当時、私は毎日電車の中からこの聖火台の火を眺めながら大学に通った。
200313kawa40.jpg


以上で、川口市立文化財センターの見学を終えた私たちは、続いて「旧田中家住宅」に向かった。

(続く)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、「キューポラの街」の「キューポラ」って、こう言う形のものだったのですか。初めて見ました。

ベーゴマは私が子供の頃、流行っていました。私は全くやったことがないのですが、確か、バケツみたいなものの上に布を張って、駒が回されている所に、他の人が駒を回して、まわっていた駒を外にはじき出すことにより、そお駒が自分のものになると言う遊びだったと思います。と言うことで、ギャンブル性と言うか、お金がかかるものでしたので、ビンボーな私の家では御法度だったと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私は、信州の山村で育ったので、ベーゴマは
知りませんでした。
コマは木製で回して楽しんでました。
子供同士のかけ事は、紙のメンコでしたね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop