FC2ブログ

高速バスで淡路島縦断「舞子⇒鳴門」

20200331

青春18キップの旅の初日、「ムーンライトナガラ」で大垣に朝5:45に到着、すぐに米原、三宮を経由して舞子駅に降りた。

今回は四国の旅である。
毎年、「青春18キップの旅」でどこに行こうかと考えるが、二年前に四国はどうかなと試しに大垣から徳島までを乗換案内で調べて見たら、高速バス代3000円くらいを追加すれば、初日の10時くらいには徳島に着くことがわかり、「四国も、ありだな」と思った。
それで今回実現させました。

初日最初の目的地は沼島である。
前から念願だった、淡路島のすぐ近く沼島にある、イザナギ・イザナミ神婚伝説の舞台である「上立神岩」に行くため、まず高速バスで舞子から鳴門まで行き、そこでレンタカーを借りて沼島に向かうことにした。

JR舞子駅に降り、高速バスのバス停「高速舞子」に向かう。
バス会社のサイトに、親切にも、経路を写真で案内してくれていたので助かった。
200331kousoku01.jpg


JR舞子駅から徒歩5分でバス停の下に着くが、バス停ははるか上、4階である。
200331kousoku02.jpg


エスカレーターで上に上がる。
200331kousoku03.jpg


200331kousoku04.jpg


まだ少し時間があるので、3階の展望デッキから眺める。
200331kousoku05.jpg


淡路島が見える。
200331kousoku06.jpg


バス停にはひっきりなしにバスが来る。行き先が徳島、高松、高知など色々だ。
200331kousoku07.jpg


乗るバスがやってきて、乗り込む。
ネットで予約したとき、既に一番前は予約が入っていて、私は左側の前から二列目の窓側。
200331kousoku08.jpg


走り出してすぐに、明石海峡大橋にかかる。
200331kousoku09.jpg


明石海峡大橋は、兵庫県神戸市垂水区東舞子町と淡路市岩屋とを結ぶ明石海峡を横断して架けられた世界最長の吊り橋。全長3,911 m、中央支間1,991 mである。本州と四国を結ぶ3本の本州四国連絡橋(本四架橋)ルートの一つ「神戸淡路鳴門自動車道」の一部として供用されている。
200331kousoku10.jpg


瀬戸内を行く船が見える。
200331kousoku11.jpg


淡路島が見えた。
200331kousoku12.jpg


あの先端には、岩屋神社があり、行きたかったが、残念ながら今回の予定には納まらなかった。
200331kousoku13.jpg


淡路SAにある大観覧車だ。
200331kousoku14.jpg


しばらく海沿いを走る。
あの二つの塔は、何だろう?
200331kousoku15.jpg


内陸部を走っていく。
200331kousoku16.jpg


200331kousoku17.jpg


大鳴門橋(おおなるときょう)にさしかかった。
200331kousoku18.jpg


大鳴門橋は、兵庫県の南あわじ市福良丙 (淡路島門崎)と徳島県の鳴門市鳴門町土佐泊浦(大毛島孫崎)間の鳴門海峡の最狭部を結ぶ吊り橋。1985年(昭和60年)6月8日に開通した。
橋長は1,629 メートル (m)、中央径間は876 m、幅は25 m、主塔の高さは144.3 m。鳴門海峡の渦潮に影響を及ぼさないようにするため、多柱基礎工法とよばれる特殊な工法が採用されている[2]。橋は上下2層式となっており、上部は片側3車線の道路(現在は計6車線の内、中央4車線を使用)、下部は将来的に鉄道 (四国新幹線)を通すことが出来る構造となっている。
200331kousoku19.jpg


車窓から目を凝らしていたら、渦潮が見えた(嬉)
200331kousoku20.jpg


観潮船だろうか。
200331kousoku21.jpg


四国に上陸である(嬉)
200331kousoku22.jpg


バス停「高速鳴門」に到着。
200331kousoku23.jpg


55分のバス旅だったが、前後に大きな橋を渡り、淡路島を縦断するという、ドラマチックな時間だったので、本当に楽しかった。

55分のバス旅の、ポイント、ポイントを動画に撮っておいたので、それを10分弱に編集してユーチューブにアップしましたので、見てください。

その動画を見る


バス停「高速鳴門」から歩いて10分ほどのところでレンタカーを借り、また淡路島に戻って、沼島の「上立神岩」に向かった。


「上立神岩」の記事を見る



「お気に入りの場所」に飛ぶ



「四季歩のYOUTUBE動画一覧」を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、青春18キップを使っても、その後に高速バスを使えば、10時半前に四国に上陸できるのですか。

高速バスって、大昔、新宿高速バスターミナルより忍野まで乗り、帰りは忍野より新宿まで乗りましたが、その時は新宿バスターミナルで乗車券を購入し、帰りはバス停より乗って現金で支払ったと思います。なるほど、今はインターネットで予約する時代なのですか。すると、お金は登録したクレジット払いで、電子メールの形でキップが送られてくるのでしょうね。

それにしても、本州四国連絡橋を渡っている時、良い天気で良かったですね!

matsumoさん

コメントありがとうございます。
今回、三つのルートの連絡橋を渡りましたが、
四国の人の足として、重宝されているのは
よくわかりました。
ああいう大きな橋を渡るのは、ワクワクして
とても良い気分ですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop