FC2ブログ

阿波国一之宮・大麻比古神社大鳥居の狛犬

20200615

所在地:徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13 大麻比古(おおあさひこ)神社大鳥居
撮影日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」の二日目、四国八十八ケ所第一番札所・霊山寺に参拝後、この神社に参拝しました。

阿波国一之宮・大麻比古神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は、長い参道の始まりの大鳥居の所に居ます。
200615ooasa01.jpg


200615ooasa02.jpg


年代:平成14年(2002)奉納
材質:石造
型式:玉くわえ型

右側が阿形。たてがみが巻き毛であり獅子。玉をくわえている。
台座が脚の長い碁盤状のもので立派。
200615ooasa03.jpg


200615ooasa04.jpg


200615ooasa05.jpg


耳は垂れ、眉は中央の巻き毛二つから左右に流れている。目はまん丸で瞳あり。
鼻は大きいが鼻の穴は小さい。口を開けて舌の上に玉を載せている。
上唇が二重で、歯列は上だけ見せ、牙は大きくて鋭い。
ぐるっと頬髯の巻き毛が囲んで、顎鬚(あごひげ)は真っ直ぐ下に垂れている。
四角い顔は威嚇的だが、怒っている表情ではない。
200615ooasa06.jpg


200615ooasa07.jpg


左側が吽形。たてがみが巻き毛であり獅子。
台座が脚の長い碁盤状のもので立派。
200615ooasa08.jpg


200615ooasa09.jpg


200615ooasa10.jpg


耳は後ろに流れているが開いており、聞き耳を立てている感じ。
眉は中央の巻き毛二つから左右に流れている。目はまん丸で瞳あり。
鼻は大きいが鼻の穴は小さい。たわみの大きい口を閉じて、鋭い牙を見せている。
上唇が二重。ぐるっと頬髯の巻き毛が囲んで、顎鬚(あごひげ)は真っ直ぐ下に垂れている。
四角い顔は威嚇的だが、怒っている表情ではない。
200615ooasa11.jpg


200615ooasa12.jpg


前足は短いが、付け根の筋肉を強調。足首の毛を装飾的に表している。
爪は鋭い。付け根の羽根毛も立派。
後足の走り毛は、巻き毛が並んで勢いがある。
200615ooasa13.jpg


200615ooasa14.jpg


尾であるが、基本的に尾立ち型で、9束の毛が中央の一本は上に流れ、左右4本ずつは団扇状に広がって流れて巻き毛で終わっている。
阿吽で違っていて、阿形は中央の根元に二つ巻き毛があ、吽形にはそれが無い。

阿形
200615ooasa15.jpg


200615ooasa16.jpg


吽形
200615ooasa17.jpg


200615ooasa18.jpg



年代は、平成14年(2002)奉納。
200615ooasa19.jpg


今回の狛犬は、立派な台座の上の高い位置に居り、大鳥居で参拝者を迎えるのにふさわしい、堂々としたもの。
特徴は、阿形が玉をくわえていること。
玉をくわえているのは、熊本、天草でたくさん見たが、四国では多くの神社を見ていないのでなんとも言えない。
阿形にのみ尾の中央に巻き毛を配するのは、雄、雌の表現で、たまに見かける。
狛犬に雌雄の別を表すのは、子孫繁栄の願いを追加しているとみられる。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この駒犬、普通に見かけるものより、牙を強調しているものですね。

これ、約20年前に奉納の駒犬ですね。駒犬って、いくら位あれば買えるのかと思って調べてみたら、石の種類とか彫る技術によるのでしょうが、とりあえず、120cm位のものが500万円程で入手できるようです。これに加えて、設置費用や、奉納するに当たっての神社に支払いお金もあるでしょうから、結構な費用になるでしょうね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
そういわれると、狛犬の場合は大変ですね。
お稲荷さんの場合は、立派な狛狐もありますが、
陶器の狐が小さいものがたくさん奉納されています。
狛犬の場合は、そういう小さいなものが無いですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop