FC2ブログ

建御雷神/日本の神々の話

20200704

『古事記』、『日本書紀』に登場する神。
鹿島神宮、春日大社および全国の鹿島神社・春日神社で祀られている。

『古事記』では建御雷之男神・建御雷神、『日本書紀』では、武甕槌、武甕雷男神などと表記される。単に建雷命と書かれることもある。別名 建布都神(タケフツ)、豊布都神(トヨフツ)。
また、鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)の主神として祀られていることから鹿島神(かしまのかみ)とも呼ばれる。

『古事記』の「二神の神生み」の段で、
伊弉諾尊(伊邪那岐・いざなぎ)が火神軻遇突智(カグツチ)の首を切り落とした際、十束剣「天之尾羽張(アメノオハバリ)」の根元についた血が岩に飛び散って生まれた三神の一柱である。
剣のまたの名は伊都尾羽張(イツノオハバリ)という。
『日本書紀』では、このとき甕速日神(ミカハヤヒノカミ)という建御雷の租が生まれたという伝承と、建御雷も生まれたという伝承を併記している。

『古事記』の、「出雲の国譲り」で有名な「葦原中国平定」の巻で、
アマテラスは、タケミカヅチかその父イツノオハバリを下界の平定に派遣したいと所望したが、建御雷が天鳥船(アメノトリフネ)とともに降臨する運びとなる。出雲の伊耶佐小浜(いざさのおはま)に降り立ったタケミカヅチは、十掬の剣(とつかのつるぎ)を波の上に逆さに突き立てて、なんとその切っ先の上に胡坐をかいて、大国主(オオクニヌシノカミ)に対して国譲りの談判をおこなった。大国主は、国を朝廷に譲るか否かを子らに託した。子のひとり事代主は、すんなり服従した。もう一人、建御名方神(タケミナカタ)(諏訪大社の祭神)は、建御雷に力比べをもちかけ、手づかみの試合で一捻りにされて恐懼して遁走し、国譲りがなった。このときの建御名方神との戦いは相撲の起源とされている。

『古事記』の、神武天皇の東征の段で、
熊野で、熊(土地の荒ぶる神)が出現したため、神武以下全軍が気を失うか、力が萎えきってしまったが、熊野の高倉下(たかくらじ)が献上した剣を持ち寄ると天皇は目をさまし、ふるうまでもなく自ずと熊野の悪神たちをことごとく切り伏せることができた。神武が事情をたずねると、高倉下の夢枕に神があらわれ、「倉に置いておいた剣を届けろ」と云われたという。
アマテラスやタカミムスビ(高木神)が、タケミカヅチにいまいちど降臨して手助けせよと命じると、建御雷は、かって使用した自分の剣をさずければ事は成ると言い、(高倉下の)倉に穴をあけてねじこみ、神武のところへ運んで貢がせたのだという。その剣は布都御魂(ふつのみたま)であり、石上神宮のご神体である。

名義は、
・「甕(ミカ)」、「津(ヅ)」、「霊(チ)」、つまり「カメの神霊」とする説、「甕」から卜占の神の性格を持つとする説。
・「建」は「勇猛な」、「御」は「神秘的な」、「雷」は「厳つ霊(雷)」の意で、名義は「勇猛な、神秘的な雷の男」とする説。
・雷神説

祭祀を司る中臣氏が倭建命の東国征伐と共に鹿島を含む常総地方に定着し、古くから鹿島神ことタケミカヅチを祖神として信奉していたことから、平城京に春日大社(奈良県奈良市)が作られると、中臣氏は鹿島神を勧請し、一族の氏神とした。

元々は常陸の多氏(おおうじ)が信仰していた鹿島の土着神(国津神)で、海上交通の神として信仰されていたとする説がある。
大和岩雄の考察によれば、もともと「大忌」つまり神事のうえで上位であるはずの多氏の祭神であったのだが、もとは「小忌」であった中臣氏にとってかわられ、氏神ごと乗っ取られてしまったのだという(『神社と古代王権祭祀』)。

鯰絵では、要石に抑え込まれた、日本に地震を引き起こす大鯰を御するはずの存在として多くの例で描かれている。
200704kaname01.jpg


鹿島神宮の要石
200704kaname02.jpg


200704kaname03.jpg


鹿島神宮境内にある、建御雷神と鯰の石碑
200704kaname04.jpg



日本の神々記事一覧に飛ぶ


スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

雷の神様と言うと、私にとってはやはり、「風神雷神図」ですね。後は、菅原道真です。京都の雷には未だ出会ったことはありませんが、大昔、清里の飯盛山に登ろうとした際、雷岩から100m位の所で大雷雨に遭い、1時間位、灌木帯の中に傘をさして座って震えながら待った記憶があります。

鯰は地震の何日前かに異常行動をすると言う科学的観察もあるようですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
昔、私たちが子供の頃は、雷が鳴ると、
蚊帳の中に逃げ込んだものでした。
昔の信仰を見ると、笑っちゃうようなものも
多いですが、そういったものがあるほうが
精神的にはいいでしょうね。
今の世の中、「信ずるにたるもの」が
少なすぎます。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop