FC2ブログ

阿波国一之宮・大麻比古神社拝殿前の狛犬

20200710

所在地:徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13 大麻比古(おおあさひこ)神社拝殿前
撮影日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」の二日目、四国八十八ケ所第一番札所・霊山寺に参拝後、この神社に参拝しました。

阿波国一之宮・大麻比古神社については、既に記事があります。

その記事を見る

今回の狛犬は、拝殿前に柵の中に保護されて居ます。
200710asahiko01.jpg


年代:宝暦十二年(1762)
材質:石造
型式:はじめ型(禿型)

右側は阿形狛犬。角は無い。
たてがみがオカッパで直毛なので狛犬。
細い前足を直立させ、蹲踞している。
200710asahiko02.jpg


200710asahiko03.jpg


顔は、東京都早稲田にある穴八幡宮の狛犬(宝暦五年)によく似ている。
たてがみが、おかっぱで直毛なので狛犬。
耳が大きく、顔より下に垂れている。
眉は目の真上に巻き毛が一つそこから横に毛が並ぶ。
目はドングリ眼で大きい。鼻はほどほどの大きさで鼻の穴が真ん中寄りに二つ。
口は大きく、唇にまったくたわみが無く、まっすぐ横に半開きで歯列をのぞかせている。
牙は口元にのぞかせている。
表情は、人懐こく笑っている感じ。
200710asahiko04.jpg


200710asahiko05.jpg


左側は吽形狛犬。角がある。
たてがみがオカッパで直毛なので狛犬。
細い前足を直立させ、蹲踞している。
200710asahiko06.jpg


顔は、東京都早稲田にある穴八幡宮の狛犬(宝暦五年)によく似ている。
二股の、小さめの角がある。
たてがみが、おかっぱで直毛なので狛犬。
耳が大きく、顔より下に垂れている。
眉は目の真上に巻き毛が一つそこから横に毛が並ぶ。
目はドングリ眼で大きい。鼻はほどほどの大きさで鼻の穴が真ん中寄りに二つ。
口は大きく、唇にまったくたわみが無く、まっすぐ横に歯を噛みしめて閉じている。
牙は口元にのぞかせている。
表情は、人懐こく笑っている感じ。
200710asahiko07.jpg


200710asahiko08.jpg


顔に比べて、身体が小さい。
細い前足を直立させ、後足は蹲踞。
身体の筋肉の表現は無く、爪はほとんどわからない。
前足の根元に羽根のような毛が延びている。足の走り毛は無く、体毛の表現も無い。
200710asahiko09.jpg


200710asahiko10.jpg


尾は付き尾。
背中に沿って帯状に延び、一度渦巻いて三本の帯に分かれる。
両側面に羽根のように毛が延びている。
200710asahiko11.jpg


200710asahiko12.jpg


年代は、宝暦十二年(1762)。
200710asahiko13.jpg


体型と、ほとんど体毛の表現が無いことや、付き尾であることから「はじめ型」とした。
また、たてがみがおかっぱなので、越前を中心にみられる禿型とした。
禿型は私が確認しているので一番古いのは、福井県気比神宮ので享保11年(1726)というのがあるので、禿型としておかしくはない。
どこかで会った顔だと調べたら、東京都早稲田にある穴八幡宮の狛犬(宝暦五年)によく似ているのが面白かった。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この駒犬は良い形ですね。観ていて味があります。昨今の新しい駒犬は画一的過ぎて、あまり写真を撮る気になりません。

新しい駒犬、折角、奉納するのですから、個性的なものを奉納して欲しいです。

No title

いまのよくみる狛犬は、岡崎型といいます。
威勢のいいかたちなのですが、どれも画一的
ですよね。
あげくのはてに、中国で作らせているなんて
話も聞きますから嫌になります。
石工さんも減っていると思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop