FC2ブログ

阿波国一之宮・大麻比古神社境内社西宮神社の瓦狛犬

20200720

所在地:徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13 大麻比古(おおあさひこ)神社境内社西宮神社
撮影日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」の二日目、四国八十八ケ所第一番札所・霊山寺に参拝後、この神社に参拝しました。

阿波国一之宮・大麻比古神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は、境内社の西宮神社に居ます。
200720nishi01.jpg


200720nishi02.jpg


年代:不明
材質:瓦製
型式:特殊型-背びれ尾

右側は阿形獅子。
たてがみが巻き毛なので獅子。
丸太みたいなものを抱えてお座りしている。
200720nishi03.jpg


200720nishi04.jpg


たてがみには、フジツボみたいな巻き毛がある。
顔は、パグみたいなブサカワ顔。
耳は、魚のヒレみたいな形状で、横に開いている。
眉はフジツボみたいな巻き毛が横に並ぶ。
目は飛び出している。鼻スジがすごく高くて丸い鼻の穴が並ぶ。
鼻鬚は真ん中にチョボチョボ、太い八の字鬚があり。
大きな口は、唇は正面はまっすぐで、横をたわませて開いで歯をのぞかせている。
表情は、極めて愛嬌があり、人懐こく笑っている感じ。
200720nishi05.jpg


200720nishi06.jpg


右側は吽形獅子。
たてがみが巻き毛なので獅子。
丸太みたいなものを抱えてお座りしている。
200720nishi07.jpg


200720nishi08.jpg


たてがみには、フジツボみたいな巻き毛がある。
顔は、パグみたいなブサカワ顔。
耳は、魚のヒレみたいな形状で、横に開いている。片方の耳は失われている。
眉はフジツボみたいな巻き毛が横に並ぶ。
小さい丸い目と、ちょこんとした鼻。
鼻鬚は無くて、顎髭は小さい房状に並ぶ。
大きな口は、歯列を見せて閉じている。
表情は、極めて愛嬌があり、人懐こく笑っている感じ。
200720nishi09.jpg


200720nishi10.jpg


尾は、これまで見たことが無い形状で、魚の背ビレそっくりである。
200720nishi11.jpg


200720nishi12.jpg


この狛犬の特徴は、造形がいかにも特殊。
巻き毛があるので獅子と思いきや、顔はパグのようにブソカワである。
耳は魚のヒレみたいだし、尾も魚の背ビレそっくりだ。巻き毛もフジツボみたいな感じで、
海の中から現れた生物みたいな感じも強い。
体勢も、お座りして丸太のようなものを抱えている。
分類としては、たぶん他にはみられないものだと思うので、「特殊型-背ビレ尾」とした。


狛犬の記事一覧を見る


スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

こりゃあ、珍しい形の駒犬ですね。一見、サメが切り株につかまっているような形ですし。もしかして、海に近い神社なのかと思って、リンクの方も読ませていただきましたが、そうではないようですし。

そう言えば、明日(7/21)から、また、青春18キップが使えるようになりますが、今夏もどこかに泊まり込みで出かけられるのですか。私の方は、青春18キップを使って、「上野→福島→米沢→新潟→上野」と考えていたのですが、武漢肺炎の流行はしばらくおさまりそうもないので、どうしようかと思っています。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
この境内社が西宮神社なので、祭神は恵比寿さんなんですよね。
なので、海の幸を願う神社です。
夏の「青春18キップ」は、一度やったことがありますが、
熱中症直前が何度かありまして、夏はやめとこうと
いう感じですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop