FC2ブログ

猿女君(さるめのきみ)/日本の神々の話

20200910

相模国二ノ宮・川匂神社に参拝したとき、境内社の西五社の祭神として「猿女君」として書かれていた。
天宇受売命のことではないかなと思ったが、一応神名としてあげた。
猿女君というのは、本来氏族名である。
伊勢の猿田彦神社境内に「佐瑠女神社」があるが、このご祭神は天宇受売命である。

猨女君(猿女君)は、『古事記』では「邇邇芸命」の巻、「猿田毘古神と天宇受売命」の段に登場する。
(現代語訳)
さてそこで、二二ギノ命がアメノウズメノ命に仰せられるには、「この先導の役に奉仕したサルタピコノ大神は、独りでこの神に立ち向かって、その正体を明らかにして言上した、そなたがお送り申しなさい。またその神の御名は、そなたが負うて、天つ神の御子にお仕え申しなさい」と仰せられた。こうして猨女君(さるめのきみ)たちは、そのサルタピコの男神の名を負うて、女を猨女君と呼ぶことになったのは、こういう事情によるのである。
(中略)
さてアメノウズメノ命は、サルタピコノ神を送って帰って来て、ただちに大小のあらゆる魚類を追い集めて、「おま
えたちは、天つ神の御子の御膳(みけ)としてお仕え申しあげるか」と問いただしたとき、多くの魚がみな「お仕え申しましょう」と申しあげた中で、海鼠だけは答えなかった。そこでアメノウズメノ命が海鼠に向かって、「この口は答えない口か」と言って、紐小刀でそのロを裂いた。だから今でも海鼠の口は裂けている。こういうわけで、御代ごとに志摩国から初物の魚介類を献上する時に、猨女君たちに分かち下されるのである。

猿女君(さるめのきみ・猨女君)は、古代より朝廷の祭祀に携わってきた氏族の一つである。
日本神話においてアメノウズメが岩戸隠れの際に岩戸の前で舞を舞ったという伝承から、鎮魂祭での演舞や大嘗祭における前行などを執り行った猿女を貢進した氏族。
氏族の名前は、アメノウズメが天孫降臨の際にサルタヒコと応対したことにより、サルタヒコの名を残すためにニニギより名づけられたものであると神話では説明している。

古語から考察すると、「戯(さ)る女」の意味であると考えるのが順当かと。
古語の「さ・る 【戯る】」を調べると、
意味は、「①たわむれる。はしゃぐ。②才気がある。気が利く。③色気がある。④しゃれている。風情がある。趣がある。」がある。

本拠地は伊勢国と想定されるが、一部は朝廷の祭祀を勤めるために、大和国添上郡稗田村(現在の奈良県大和郡山市稗田町)に本拠地を移し、稗田姓を称した。
他の祭祀氏族が男性が祭祀に携わっていたのに対し、猿女君は女性、すなわち巫女として祭祀に携わっていた。


日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

「猿女」って、どこかで聞いた覚えがあると思って調べてみたら、以前に行った伊勢市の「猿田彦神社」の境内社に「佐瑠女神社」がありました。文字は違いますが、読み方は同じなので、同じだと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
「さるめ」に対して、色々な字をあてているんですね。
『古事記』に出てくるということは、宮中にて
巫女の役目をしたということですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop