FC2ブログ

讃岐国一之宮・田村神社境内社・歳徳神社の狛犬

20200921

所在地:香川県高松市一宮町字宮東286番地 田村神社境内社・歳徳神社前
参拝日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」の二日目、四国八十八ケ所第一番札所・霊山寺、阿波国一之宮・大麻比古神社に参拝後、この神社に参拝しました。

讃岐国一之宮・田村神社については、既に記事があります。

その記事を見る


田村神社の5組目の狛犬ですが、今回の狛犬は境内社・歳徳神社の前に居ます。
200921saitoku01.jpg


年代:不明
材質:青銅製
型式:神殿型


右側が阿形獅子。
長めの前足を真っ直ぐ立て、蹲踞している。
200921saitoku02.jpg


200921saitoku03.jpg


たてがみは、流れて先端が渦を巻いている。
耳は聞き耳を立て水平。眉は中央の巻き毛から吊り上がり、横に連続している怒り眉。
眼は大きく開き睨んでいる。大きな鼻の横に頬が盛り上がっている。
鼻鬚は吊り上がり、顎髭も威勢がよい。
唇のたわみが強調され上下二本ずつの牙が鋭い。歯列は見られず。
表情は、怒り顔で、睨んでいる。
200921saitoku04.jpg


200921saitoku05.jpg


左側が吽形獅子、角あり。
200921saitoku06.jpg


200921saitoku07.jpg


角はけっこう寝ている。
たてがみは、流れて先端が渦を巻いている。
耳は聞き耳を立て水平。眉は中央の巻き毛から吊り上がり、横に連続している怒り眉。
眼は大きく開き睨んでいる。大きな鼻の横に頬が盛り上がっている。
鼻鬚は目立たない。顎髭は威勢がよい。
唇のたわみは控えめ。閉じた口から上の二本の牙が鋭い。
表情は、怒り顔で、しっと見つめている感じ。
200921saitoku08.jpg


200921saitoku09.jpg


胸が前に張り出し、前足はしっかり直立している。
後足は蹲踞。付け根からの足の曲線が明確である。
筋肉が引き締まって、あばらもしっかり出ている。
爪はしっかり大地を捉え、走り毛の表現が綺麗。
200921saitoku10.jpg


200921saitoku11.jpg


尾はうねって立ち上がり、背中に触れてから、3つの房となり直立。
200921saitoku12.jpg


200921saitoku13.jpg


この狛犬は、本来神殿の中に置かれる木製の狛犬の形を青銅で作り、外に置かれたもの。
彫刻家が木に彫り、それを鋳込んだものなので、実に繊細で勢いがあり立派なもの。
神殿型は、阿形が獅子で吽形が狛犬となっているのが基本だが、この狛犬は両方とも獅子のかたちになっているので、製作年代は新しい。


狛犬の記事一覧を見る


スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

中々、形の良い駒犬ですね。青銅製って、軟らかい石のものよりは経年的にもつのではと思っています。

と言っても、例えば、上野の国立西洋美術館の前庭にあるロダンの銅像は40、50年だったか、屋外の置かれたために、結構、経年変化があったため、その後、フランスの送られて修理され、今は塗料を塗ったような感じになっていますが。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
東京の場合は、以前は空気が悪くて酸性雨などで、
問題になっていたので、それで腐食が早かった
のではないかと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop