FC2ブログ

讃岐国・金刀比羅宮の狛犬⑤

20201217

所在地:香川県仲多度郡琴平町字川西892番地1金刀比羅宮火雷社
撮影日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」にて金刀比羅宮に参拝したときに撮影した狛犬です。

金刀比羅宮については、既に記事があります。

その記事を見る


金刀比羅宮では、私は12組の狛犬を確認しましたが、今回の狛犬が5番目となります。

石段500段の「神椿」前を右に折れ、12段上がって書院の黒門・四脚門を眺めたあと、更に上がっていきます。
旭社まで上りきる少し手前、石段595段のところに広場があり、祓戸社と火雷社があります。

その火雷社の横に置かれた石灯篭4基のうち、参道に近い2基の笠石の上に狛犬が居ます。
両方とも逆立ちをしている
201217karai01.jpg


201217karai02.jpg


201217karai03.jpg


年代:確認せず
材質:石造
型式:石灯篭笠石上型

石灯篭の奉納年はあったはずなのに、確認してこなかった(汗)

参道側の狛犬は阿形。
タテガミは巻き毛から勢いよく後ろに流れている。
身体は丸っこいが勢いがあり躍動的。爪が異常に大きい。
尾は、沢山の巻き毛が立ち上がって玉のようになっている。
201217karai04.jpg


201217karai05.jpg


耳は伏せ、立った鼻の奥の眼は扁平で飛び出している。
口を大きく開き、歯列をむき出し、牙は鋭い。
201217karai06.jpg


その奥の狛犬は吽形。
タテガミは巻き毛から勢いよく後ろに流れている。
身体は丸っこいが勢いがあり躍動的。爪が異常に大きい。
尾は、沢山の巻き毛が立ち上がって玉のようになっている。
201217karai07.jpg


201217karai08.jpg


耳は伏せ、眼はギョロ目。
口を閉じ、牙を見せて威嚇している。
201217karai09.jpg



石灯篭の上に狛犬が居る例は、今回で三例目。
両方とも逆立ちをしているのが、勢いがあってよかった。



狛犬の記事一覧を見る


スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

これは面白いですね! でも、これって、まさか、石灯籠と一緒に掘ったのではなくて、別々に彫ったものを何らかの方法で付けたものですよね。もし、石灯籠と一緒に彫ったのであれば、ものすごい技術ですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
もちろん継ぎだと思いますよ。
下と同じ石から掘り出すなんてすごい
技術の石工さんなら、こういう仕事は
してないと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop